「ほっ」と。キャンペーン

仙台 ・ 泉ヶ岳ミーティング chronicle

生活支援 物資ありがとう

f0081398_10414650.jpg
皆さんから たくさんの支援物資がよせられました。遠くは九州の車仲間から、会社関係では九州 大阪 名古屋 東京 札幌から イッズミー関係では山形 福島 仙台 その他 神奈川 仙台YMCA山岳会 皆さんたちから寄せられました。

下着類 肌着類 靴下 帽子 作業着 作業服 ジャンパー トレーナー ジャス シャツ Tシャツ ゴム手袋 軍手 軍足 洗剤 たわし シャンプー ハンドクリーム 赤ちゃん粉ミルク 紙おむつ おしりふき 除菌スプレー ウェットティッシュ からだ拭き タオル リンゴ 味噌 お茶 お菓子 カップ麺 レトルトご飯 飴 水 ガスコンロ ガスボンベ 長くつ スニーカー ひも 輪ゴム ゴミ袋・・・ 

下の写真は それら皆さんから送られてきた物資で、運ぶのはこれで5回目になります。肌着・下着類で600枚その他400点 リンゴ箱 帽子の箱・・・5回目の支援物資だけでリビングの半分が埋まっております。

中には お菓子やお婆ちゃんの紙細工(上の写真)も送られてきました。
そうなんです 緊急支援から生活支援へと送られてきた物資は変化しております。
皆さん、わかってらっしゃる。。。

次回からは 生鮮食糧の調達が課題になります。
お米、味噌、醤油、調味料、果物と野菜と塩干ブツを送ろうと思います。

福島の野菜が「放射能汚染(?)の風評被害」で売れ残って廃棄されてしまう・・・
それならと 安価に入手し、避難所の皆さんで食べればいいのではないか?
生産者と被災者とを結ぶ、地産地消に似た「支援の仕組み」を考えてゆきたい。

皆さん、今後も継続的なご協力 宜しくお願いいたします。
f0081398_11215716.jpg

[PR]
by sendai-isme | 2011-04-07 10:52 | 東日本大震災