仙台 ・ 泉ヶ岳ミーティング chronicle

66回 仙台・泉ヶ岳ミーティング 開催します

f0081398_19105344.jpg

第66回 仙台・泉ヶ岳ミーティング

 期日 5月8日 10:00~13:00ぐらい
 場所 泉ヶ岳スキー場 大駐車場


ボランティアの方々が泉ヶ岳スキー場にてテント宿泊を続けています。
彼らの邪魔にならぬように駐車し 顔合わせをしましょう。
ボランティア活動に参加された方の体験情報などがあればお知らせください。

なお、イッズミー会場にて団結テントを今月も設置しています。
支援食糧 支援物資 支援夏物衣料 義援金などを受付けております。

5月のボランティア活動について

★Tシャツを送ろう 
5/1現在 138枚(女性物31枚含む)が集約できました。
ありがとう! あと62枚!!

着古しではない、ヨレヨレでもない、清潔感第一! 未着用大歓迎!
洗濯し、アイロンを掛け、誠意を込めた夏用衣類を集めています。

集約方法:5月イッズミーにお持込みください。

★魚の干物を送ろう
これが重要です。 
アジ開き キチジ開き カレイ一夜干し サバ一夜干し めざし キス連刺し 

集約方法:金曜日夕刻に到着するよう「期日指定クール便」で高橋宛にお送りください。

★生鮮野菜を集荷しよう
イッズミーに葉物野菜を持ち寄り、集荷野菜を段ボールに詰めましょう
ピーマン1袋 シイタケ1パック ホウレンソウ1束 キャベツ ニンジン もやし ・・・全部集めれば相当の量になるはず、あとは・・・届けるだけ。お手伝いください。

集約方法:5月イッズミーにお持込みください。

★「いちご」パックを集めよう
イチゴを集めて 避難所のお年寄りに食べてもらおう・・・という企画です
イチゴ 牛乳 練乳をセットで集めようと思っています

集約方法:5月イッズミーにお持込みください。

★女性化粧品のリクエスト
化粧水 乳液 パフ コットン スキンケア ハンドクリーム・・・など
奥さんに相談してお持ち寄りください。品物がダブっても問題なし。

★イッズミーでカンパを集めよう
毎月8万円ほどを集約し 年間100万ほどを日本赤十字社に贈る「通年運動」です。 

集約方法:イッズミー会場のカンパ箱にて集めています。

f0081398_18531186.jpg

アルピーヌ310さんのアドバイスについて
Commented by アルピーヌ310 at 2011-05-03 22:18 x
支援活動お疲れさまです。岩手ではチャリティーカーミーティングを今月22日に計画しています。イッズミーのカンパですが赤十字やユネスコに寄付しても、同グループの活動資金や役員報酬に一部は化けていますよ。ならば、集まった資金は、イッズミーの活動資金として宮城県内の支援物資調達資金に全額回した方が懸命に思われます。私たちのグループも、そのような仕方で岩手の沿岸部や気仙沼市に物資を運搬しています


-----------------------------------------------------------------------
私(もときち)の選択ですが・・・

最初にまず、私は支援活動に入る前に 義援金先と支援金先とを調べました。
ユニセフ・・・国際ユニセフではなく、日本ユニセフの場合は20%が内部留保と役員報酬分のようで、義援金拠出は80%と聞きましたので即除外しました。たとえば黒柳哲子さんが「自分の口座に振り込んで!」とお願いしているのには背景にそういう事情があるからだと思います。

ユネスコ・・・日本ユネスコについては調べていません。

日本赤十字社・・・口座を「東北関東大震災義援金」宛で振込ますと 100%義援金として届けられます。皆さん方も日赤のホームページを開き 赤十字運動の成り立ち・歴史をしり その上で義援金の仕組みを確認し 誤解のないよう ご理解くださいね。


日本赤十字社ですが・・・ 
歴史的にその存在を見てゆかないと「日赤義援金」の本質が見えてこないこともあろうかと思われます。日本赤十字社のような国際的組織の奉仕性・献身性・必要性は認めるべきで、病院運営、看護師養成、国際紛争地への医師団派遣など、長年の人道支援は認められるべきと思っています。その奉仕の精神があるからこそ今回の東日本大震災義援金集約窓口が存在するのだと思います。今回の日本赤十字社の義援金振込窓口は「東北関東大震災義援金」です。他の活動に義援金が回されることはありません。町内会で集める年末助け合いも含め、これまで納付歴30年以上(笑)の私ですが、義援金として納付することに殊更に異は唱えずとしました。
4月28日現在の日赤義援金は:209万2,346件 1,662億4,363万4,497円 公表額面

支援金と義援金との違い・・・
支援金・・・ボランティア活動の活動資金としても使われる「支援金」の考え方に個人的には賛成しております。今後の選択肢と思いました。
義援金・・・災害時に各地各ネットワークで義援金を集めますが最終的に一本化されます、仮にですが国際赤十字の思想で統一したとしても納付先として問題はないと判断しております。

今後の支援活動の課題ですが・・・
支援物資調達のために集約カンパ金を回すのではなく、仮設住宅移転に伴う生活再建資金として義援金募金に我々の考え方も一本化していったほうが 今後の支援活動として有効ではないかと思っております。食糧・衣料などの物資支援は9月までの半年で終息させ それ以降は生活再建(資金)支援に一本化すべきと考えております。

いよいよ「足長おじさん」の出番ですね。それは国民一人一人が「足長おじさん」になることをも意味します。つまり震災や原発人災事故による被害への支援、復興のために国民一人一人が積極的に目的税を納め、援助や復興支援に参加するという方法もあろうかと思われます。以上です。

先日のチョコレートの話は素敵でしたね。岩手の活動 頑張ってください。
車好きとして互いに協力してゆきましょう。ご案内ありがとうございます。

[PR]
by sendai-isme | 2011-05-03 19:15 | 2011 クロニクル