仙台 ・ 泉ヶ岳ミーティング chronicle

さらに危険な 「内部被曝」   (上)

先般、ニュースなどで福島の御父兄たちが文科省にデモ行進して悲痛な叫びをあげていましたが、
まったくもって 同情いたします。
ここで・・・20ミリシーベルトが基準になるべき値なのかどうか?ということに神経をとがらすのは無論ですが、
さらに小さな子をもつ親として より神経をとがらせねばならぬことがあり 以下はそれについてのアピールです。

今回の争点の発端となった「校庭問題」、つまり「校庭からの被曝線量」(外部被曝)。
子供たちの人体への被曝許容量の根拠にその問題点がありました。
今後さらに深刻な問題になってくるのは外部被曝だけではなく 食事や飲料水などの摂取による「内部被曝」問題です。
それが原因して人体への影響(甲状腺ガン発症や奇形児発症 血液の癌 骨の癌)などが問題だという見方・考え方です。

文科省デモばかりに目を向けられ 外部被曝だけが注目されがちな傾向にありますが 
食事・食料・飲料・摂取について、つまり内部被曝に対処する注意点が抜けていることについて 
その補完というか喚起を促す意味で以下に内部被曝について記してみようと思います。

外部被曝はスクリーニングで計測できますが しかし内部被曝までは計測できません。

ここに長野県松本市の市長:菅谷氏のメッセージがあります。菅谷市長はお医者さんでもあり、
チェルノブイリ原発事故による被曝者の健康管理を5年間現地に留まって担ってきた医師でもあります。
菅谷先生は下記のように問題点を整理して訴えていました。
f0081398_1925347.jpg

1 マスクをしてください。
なぜマスクをするかというと・・・、汚染されて、浮遊している放射性の降下物が
鼻から気道、気管をとおして肺に入って それが吸収されて血液の中に入って
体に蓄積されるということになるからです。

2 肌は露出しないでください。
これは皮膚からで いわゆる吸収されて体の中に入っちゃいけないからです。
長袖シャツに帽子(キャップ ではなく ハット) 
雨の日は傘と使い捨てのレインコート(数枚用意しておく)

3 口から入ることに対処する。
経気道的、経皮的(皮膚)、それからもう一つは経口的なんですよ。
この三つが経路になっているんです。

以上 できるだけ体に取り込まないように ってことを言っているのです。

これは今じゃなくって 5年、10年、30年後も人体に影響する物質、
セシュウムとかストロンチウム(半減期が30年、放射性ヨードの半減期は8日ですけれども)、
そういうように、できるだけ呼吸、皮膚、摂取などで取り込まないようにって言っております。

それにもかかわらず 
今回のように ホウレン草ならホウレン草に降下付着するものを(風評被害をなくすという点で許認可を与え 
安全宣言させ) 口から摂取させるのでは、のちのち悪影響になって5年 10年 30年後に出てくる。
だから、できるだけ放射性物質を体に取り込まないこと。
そういう意味で今後全国でも食品に対しては 多分に汚染の状況チェックを充分してやってください。

心配ないものは食べてよいです。
私自身はウクライナの汚染地でジャガイモ 人参 玉ねぎを食べたりしてきていますけれども、
大人はまだいいが、できればこれから生まれてくる子どもや、あるいは小さい子供というのは
そういうことの無いようなことを大人がしてあげなければいけない。

そこで放射能の許容レベルは、先ほど記者が言われたように、これは許容レベルというのはあるんです。
例えば事故の時にポーランドでは、事故から4日目なんですけれども、
国の命令で乳牛には新鮮な牧草を与えることを全国的に禁止しているんですよね。
より安全な干し草を餌にしなさいというわけです。

注)安全基準を守るという意味での「許容」であって、販売するための規制値ではないということです。
日本とは考え方が違い かなり革新的で人道的です


それから 100ベクレル/リッターということは100ベクレル/キログラム以上の汚染ミルクを
子どもやあるいはまた妊娠、授乳中の子どもが飲むことを禁止しているとか、
4歳以下の子供は原則として「粉ミルク」を飲ませるとか。
この時は急きょ粉ミルク不足の分はオランダから緊急輸入をしていましたけれども。
子どもや妊娠、授乳中の女性はできるだけ「新鮮な葉菜類」「葉物」は摂取を控える
ように指示している。こういうふうに対策をとったんですね。

ですから 今回の場合に、これ(ミルク)が1000ベクレルで、福島のホウレン草は4000ベクレルですから、
そういう意味では、やはり残念だけれども、特に生産者は本当に気の毒ですけれども、
子どもたちの命、将来のことを考えれば、この場合は政府が最大限に保証してあげることが重要です。
しばらく汚染の状況が安全のところまで行くまでは・・・。それはミルクもそうですね。


次のページに続く
[PR]
by sendai-isme | 2011-05-27 14:44 | 東日本大震災