仙台 ・ 泉ヶ岳ミーティング chronicle

2012 HCCS 英車

僕らは・・・「車は文化だ」と捉えております。
その文明の利器を 「時代の一通過者」である僕らが独り占めするなんて、
とてもできるものではない と思っております。

文化的遺産という言葉が全てに適切かはわかりませんが 
「歴史的な車」を個人の資産として押し込める考え方はいかがなものか?、
実に 勿体無いと思うのです。

反面、若者のクルマ離れや ファミリーのハイブリッドカー礼賛が続く中、
半世紀以上経過した車を眺めながら、
そもそもの原点 「車は文化だ」を捉えなおしてもらおうとも思っております。

そこにHCCSの存在意義があるし、
イベントの実行や発展や継続が その意義を深耕してくれるとも思えるわけです。

英車のトップは はるばる静岡からわざわざ遠征していただいた トライアンフ TR4 。
オーナーは席にお掛けのM月さん。現存する中でも極めて美しいトライアンフです。
f0081398_20265929.jpg

f0081398_20274036.jpg

f0081398_20284543.jpg

f0081398_2031313.jpg

f0081398_2032557.jpg

f0081398_22351485.jpg
Austin 8 のY城さん。
今年の山形は雪が多かった。そのため 出場の調整をギリギリまでされていた方が多かったようです。
f0081398_22365946.jpg

東北のイベントには いつも参加していただいている MG-TD 。オーナーは宇都宮のO野さん。
f0081398_2030274.jpg

[PR]
by sendai-isme | 2012-04-24 20:35 | 2012 HCCS