仙台 ・ 泉ヶ岳ミーティング chronicle

お疲れ様でした! 

f0081398_19531598.jpg
日曜日、仙台は寒かった~、土曜日の穏やかな天気は何処へやら・・・? 花冷えとはいえ強烈な寒さ(笑) おかげで風邪引いちゃいました。。。 でも こんなに寒かったのに・・・市民広場は最高の人出になりました。 次から次と押し寄せる人波、 エントラントはゆっくり休憩も出来ませんで(笑) お年寄りやお子様たちの質問攻めに対応したり・・・ 家族連れのリクエストで愛車の前でシャッターを押してあげたり キラキラと瞳を輝かせる子供たちの純粋さに根負けし(笑)、愛車の運転席に座らせてあげたり、 中年世代にはエンジンフードを開けて説明したり、、、そうです、このスタイルこそがHCCSクラブの狙いだったのです。 「都市部開催イベント」の狙いともいえます。 観客の皆さん、御年寄りも若者もカビの臭いがするような「いにしえ」の情感に飢えていらっしゃるんですね?その枯渇した情感に潤滑油を注してあげる・・・ある意味クラシックカーオーナーならではの役目でもあり、所有する誇りでもあり、業でもあると云えるでしょう。 その傍ら、 「コスモだ! サバンナだ!トヨタ2000GTだ!・・・!・・・!・・・!」と、 頼もしいお子さんが居たりして、我々をタジタジにする場面もありましたけど・・・(笑)
f0081398_11552313.jpg
f0081398_912262.jpg
事務局としましては ひそかに都市部イベントの狙いが浸透してきたかな?と思います。 「10年計画の育成プラン」に光明を得た感触を抱いております。じつに・・・「ホップ・ステップ・ジャンプ」の三段跳び、、、プランは10年先を目差したものでした。 最初の「ホップ」は「泉ヶ岳ミーティング」を開催し 5年間の実績を積み上げたこと、、、次の「ステップ」は、「趣味の蛸壺」に陥ることなく社会と関わること・・・ということで 「HCCSイベント」継続開催と質の向上・・・、、、ジャンプは・・・ これからですが・・・、単に車を並べることで?目的を達成した風であれば 「南東北DCキャンペーン」に貢献したとは云えません。HCCSとしましては一般市民との交流を目指すもの ひいては仙台のクラシックイベントとして恒例化することですので、、、 積極的に交流がなされない場合? 展示以前にDCキャンペーンへの参加資格が薄れることとも思えます。であれば・・・来年は 古い馬車のようなクラシックカーやボンネットバスの運行ができるように 資金の確保をして準備にあたらねければいけない・・・ですね。 来年の企画はもっと大きく 組織的に まさにジャンプしないと・・・ね。
f0081398_1583628.jpg
きれいな、目の覚めるような赤いメッサーシュミット1961年製 191cc)。イッズミー常連でメッサーシュミットの先輩格である佐々木氏の後日談によれば・・・ 赤のメッサー氏は酒田までのロングドライブを3時間で無事にこなされ ご帰還なさったそうです。実力充分ですね 驚きました。。。
市民広場の賑わいは 一番町商店街のショッピングにも貢献できたかな???かなり多くの人を まるで通勤ラッシュの駅のような光景で眺めたのではないでしょうか。 土曜日はあっさり5000人以上でしょうし、日曜日は軽くその2倍の10000人ほど来場されたんじゃないですか?とにかく会場が人で溢れるほどでした。お寒い中を市民の皆さんにはたくさん、たくさん ご来場いただき また アレコレとお尋ねいただいてありがとうございました。 お互いに?なにかと充実した2日間だったんじゃないかな?と独り善がりにほくそえんでおります・・・(笑) まことに感謝 感謝です。。。
f0081398_14321089.jpg
スーパーカー部門としては ポルシェ924カレラGTS デトマゾ・パンテーラ トヨタ2000GTの他に、フェラーリ308 テスタロッサ 365BB 365デイトナ カウンタックなども並ぶ予定でしたが 都合つかずでした、 また来年にでも。。。 参加者リストはHCCSのホームページでご確認下さい。今日は数枚の画像で凌ぎますが、のちほどUPしてゆこうとおもいます。
f0081398_1593748.jpg
珍しい三輪車のボンドBUG(1970年製 700cc)。ボンド社だからってジェームスボンドが乗るわけありません、“LOTUSエスプリ”をこれに変えたら007映画もおもしろいか?とチョーシこきました すみませんm(__)m
f0081398_15302887.jpg

このスバルR2、 「ハンドルど~っちだ???RIGHT or LEFT?」 戦後の沖縄史をチョッピリ覗くことができる(?)左ハンドル仕様のスバルR-2です(1971年製 356cc)。この車が製造された翌1972年(昭和47年)に、佐藤・ニクソン会談によって 5月15日沖縄はようやく日本に返還されます。さらに1978年(昭和53年)7月30日に アメリカ支配の「右側通行」から 日本の「左側通行」に切り替えられるわけですが、新旧制度の混在に沖縄県民はさぞかし苦労なされたことでしょうね。
f0081398_195498.jpg
「ツールドみちのく」の案内がなされました。今年は2回目で主催者のM野氏も 事務方のM本氏も大ハリキリ。第2週を外したそうですから 安心して僕も参加できそうですね(笑) (後日談・・・ 開催は9月13日、14日、、やはり第2週でした またヤラレたなぁ~) 今年は仙台から30台以上の参加登録が目標だそうで、昨年の1.5倍? 皆さんご参加宜しくお願いします。http://tourdemichinoku.com/
f0081398_20242038.jpg
西会津の町興しイベント「なつかしCar ショー」の事務局:大森氏も遠方から来場されてました、ご紹介しておきます。。5月25日 福島県西会津町:野沢で開催されている旧車イベント「なつかしCar ショー」があります(見学無料)。緑の山並みが映える只見川に沿ってツーリングしながらお出かけ下さい。展示車の参加費は今年も3000円かな?http://www.lotosinn.com/event/event.html
f0081398_15111311.jpg
スポーツランドSUGOの鈴木さんからご案内させていただきましたが・・・ゴールデンウィークの最終日 5月6日にSUGOで「プラチナ ファミリーデー」があります(入場料1000円)。 そのプログラムに「クラシックカーデモ走行」が組まれております。助手席に知人・友人を乗せて国際公認サーキットをパレードランもします。 私もチョロっと走る予定です(笑)
f0081398_13252959.jpg
旧い車でも 速い車でも 午前と午後の2回 全開で走れるプログラムが予定されていますので 皆様 是非ともお出かけ下さい。 全開走行枠は20分×2回です 先ずはエントリーしましょう(12000円食事つき・同乗者は2500円食事つき)! 申込みは24日まで!! フェラーリ、パンテーラ、ポルシェ、アルファロメオ、ランチャ、フィアット、ロータス、オースチン、マツダ、ホンダ、トヨタ、ニッサン、、、など 仲間の車が走る予定です。HCCSは MGクラブともども SUGO企画に協力いたします。???
f0081398_2045880.jpg
日本ロールスロイス・ベントレー・オーナーズ・クラブの和田会長が・・・ 旧車とのつきあい たくさんの人との出会い 思い出などを壇上で面白くお話くだされ、来場者の方々を飽きさせない話題いっぱいの講演です。80年前に生産された愛車の前で説明されておられますのが和田さんです。。。この車(7500cc)で静岡 熱海市より自走でこられました。 氏は日本の国内イベントはもちろんのこと イギリス本国のイベントにもお出かけになっておられます(アジアから2台だけが参加資格を有するオリジナル車だそうです)。純粋なオリジナルを維持するということは 世界的にも人類の遺産として価値がある・・・とおっしゃっておられました。 個人の私的財産であると同時に それに留めることなく 世界的な財産として積極的に各地のイベントには顔を出しご披露なされるそうです。雨もいとわずに日本を駆け抜ける、すごいパワフルな紳士、伯父様であります。天候に左右されたり その時々の気分に心をぐらつかせる団塊世代は、彼の前ではまだまだ若造ということで(笑)  朝から晩までたち続け イベント成功のために尽力され 事務局としても心から感謝いたしております。有難うございました。それにしても 10km/h~100km/hまで トップギアだけで こなすそうです すごいですね。
f0081398_18423383.jpg

f0081398_16152160.jpg
f0081398_14413485.jpg
イタリアン クラシックアルファと クラシックランチャ それと クラシックフィアット・・・50年代後半から60年代にかけてのデザインがならびます。なんといっても見所は この小さなボディにたいして 最大の容積を与えるイタリアンデザイン! それがイタリア車の特徴でありまた魅力となります。現代車にも半世紀前の考えが活きております。
f0081398_18172744.jpg
f0081398_2314533.jpg
かっこいいですねえ 1968年製アルファロメオ1750GTV。 やはりイタリアンデザインは素晴らしいです。ヒップラインが下がり気味になっていますが なんともいえない魅力がありますね。 私 もともとは、1300の段付きジュニアが好きなんですが、このヴェローチェもいいですぅ。
f0081398_2311106.jpg
1958年製アルファロメオ ジュリエッタ・スパイダー。当時ものによく見られるリアフェンダーの盛り上がるようなデザイン。。。このマスク・・・美しいですねえ、これで50年代のデザインというから驚きます、、、日本車には考えられない、イタリア人の美的感覚ですね。日本とイタリア・・・文明史の差を感じさせられます。
f0081398_23132461.jpg
f0081398_1631845.jpg
さすがに観光都市仙台、 外国人もチラホラといらしてました。彼らさえ 自国の古い車に驚きを隠せない風でした。イタリア語 ロシア語 英語 韓国語 中国語・・・色んな母国語が入り混じります、、、日本語ペラペラって助かりますね(笑)。 僕も英語の勉強しなくちゃならんかいな?ユーアーウェルダム? じゃないや You are welcome!(笑) 50の手習い てふつう云わないよなあ・・・だよね
f0081398_13524047.jpg
二日間にわたっての展示で エントラントの皆さん さぞお疲れだったことでしょう。 来年も開催の予定、、、たぶん 今年の2倍近い申込みになると思います。展示車輌も高年式車には辛い面も出てくるかもしれませんが その際には入れ物の容積を大きくして吸収できるように努力することにいたしましょう。
f0081398_146491.jpg
一番町商店街も参加する面白い企画も考えていこうと思います。せっかく県外からこられたわけですから 県外参加者にDCキャンペーンの面白みが伝わりませんとね? 県や市や観光課などの後援や民間企業スポンサーの手を借りずに、HCCSだけで自主的に開催したイベントなので 少し 物足りなかったかもしれませんが、来年はもっとお祭り的な イベントチックな?カラーを追求し 一つの都市型イベントの形を創りたいと思っています。 
f0081398_14542532.jpg
イッズミー有志の手弁当スタイルもそろそろ卒業・・・(笑) 全国に恥ずかしくない内容の「公的イベント」にむけ新たなスタートを切りたいと思っております。
f0081398_14565128.jpg
サニー1000(1969年製 980cc)。当時 サニーとカローラの販売競争が激化し 比較広告の極みとまで言われたものですが、このサニー1000に対して、カローラが「100ccの余裕」という広告を打ち、1100ccで応酬すると さらにサニーが1200ccを出し「隣の車が小さく見えまーす」とやり合いました。
f0081398_1472922.jpg
下の画像にあるように 1/1プラモデルを眺める子らの 「キラキラ輝く瞳 笑顔 雀躍たる姿 無邪気さ 純粋さ」に触れさえしたら・・・それだけですっかりオヤジたちは癒されるし 心の満足もあるんですよね・・・じつ云うと。。。それでまた 疲れても 心痛があっても 「来年も やろう!」って気になるんじゃん やっぱ。。。(泣笑) イベント運営 企画などを批判するのは勝手、 だけど感動しない人は一生かけてもワッカンネーかもですよ、この気持ち・・・。
f0081398_9281100.jpg

f0081398_9243789.jpg
f0081398_2114561.jpg
旦那様は運転席へ 奥様は後部席へ・・・ご夫婦タンデムで 時速40kmの旅の人となります。ご来場ありがとうございました。。。
f0081398_13243160.jpg
市民の皆様 エントラントの皆様 2日間 まことにありがとうございました 来年またお会いしましょう。 そうそう ・・・ 時間があれば 泉ヶ岳にでも ゆっくりと遊びに来てください。
f0081398_19584792.jpg
仙台 秋保温泉 「緑水亭」さん お世話になりました。。。翌朝の記念撮影
f0081398_1359430.jpg


イッズミー泉ヶ岳会場の様子はどうだったんだろうか?どなたか 画像をお送り願えませんか? 市役所前の当会場がここまで膨張すれば 泉ヶ岳の会場は少なかっただろうね 寒いだろうし・・・ また来月あるから 心配は要らないかな?

f0081398_9193530.jpg

ヒストリックカー&スーパーカー・ミーティング in SUGO 

 開催日時 2008年 5月 6日
 開催場所 スポーツランドSUGO
 料金 Aコース 12000円(走行会20分×2回 パレードラン ランチ込み)
     Bコース  5000円(パレードラン3周回 ランチ付き)
     Cコース  2500円(ランチ付き)
 申込期限 4月11日~4月25日まで
 申込方法 現金書留にて
 申込み先 スポーツランドSUGO ヒストリック&スーパーカーミーティング事務局 宛

[PR]
by sendai-isme | 2008-04-13 19:55 | 2008 クロニクル