仙台 ・ 泉ヶ岳ミーティング chronicle

カテゴリ:2007 クロニクル( 15 )

35th 泉ヶ岳ミーティングレポート

皆さん 雨の中 お疲れ様でした。明け方の大降りに ガバッ!とタタキ起こされましたが その所為もあってか?眠くて仕方ありません。今日は雨の中 泉ヶ岳までバスを不定期運行していただきました(^-^;; オート三輪車ではその名を知らぬ人はいないといわれるM本さんとお会いできました。
f0081398_1711683.jpg
それにしても雨の中 お越しいただいた1948年型バスは迫力ありました。さすが その道Oldtimerイベントのプロ!花形であります。 今年の秋も石巻でお会いできるか?と思いますのでその時は宜しくお願いします。
f0081398_17072.jpg
f0081398_1702215.jpg

f0081398_173672.jpg

場内をゆっくり 参加者を乗せてバスが走る・・・田沢湖ミーティングにもあった、あの雰囲気に押されてか今日は悪天にもかかわらず 皆さんノンビリと楽しみ歓談なさってました。この雰囲気こそがイッズミーの雰囲気! 今更ながらに思いだしました。

旧塩釜交通所属 BM型バス(1948年製)について
このバスは1948年生まれ。戦後初の国産バスでした。当時塩釜に本社を置き、後に宮城交通の母体の一つとなる旧塩釜交通で使われたものです。69年ごろに廃車同然となり、倉庫代わりに使われていたバスを今年生き返らせた。
BM型バスはもともとボンネット型。それを乗客を多く乗せるためにキャブオーバー型に改造されたもの。シフトレバーが運転席左側から右側に移されたのが特徴的。当時を知る旧塩釜交通職員で構成する「とびうお会」事務局長の話によれば 「お客さんが多く、車体にぶら下がる人が出るほどだった」そうです。
このバスを復元させたオーナー海和さん(45歳)は このバスを「イベントなどで走らせ、歴史ある物を大切にする喜びを共有したい」話されています。彼は現在、「日本昭和の車保存会」メンバーのお一人で 保存会理事長には三輪車でその名をはせる椋本さんが勤めておられます。

f0081398_174541.jpg
1時過ぎても話が絶えない。。。誰にも気兼ねしない 老いも若きもゴッチャになって 年齢や歳相応の経験に見合った交流をしあう・・・まさにこの雰囲気・・・我々発起人たちが目的とした「状況」でした。 初年のムードに戻った感じがします。
f0081398_1754133.jpg
 今はここまでの記載にてご勘弁ください。。。また来月もノンビリとやりましょう。
f0081398_1772285.jpg
f0081398_1795944.jpg
f0081398_1713872.jpg


画像のみで勘弁願います 
もう眠くて 僅かのビールで酔ってしまって・・・(^-^;;

あっ、そうだ! 業務連絡 > koh  curtis くま
4時間耐久「ハイランドを2000円で走ってみよう!」 は もっか却下されたのでヨロ!(笑)

f0081398_1719656.jpg

[PR]
by sendai-isme | 2007-06-10 17:10 | 2007 クロニクル

35th 泉ヶ岳ミーティング 6/10

35th 泉ヶ岳ミーティング
6月10日 泉ヶ岳で!

仙台・泉ヶ岳ミーティングは・・・
クラブやショップさらに車種やメーカーの枠を乗り越え、
各趣向の車と世代を超えたオーナーが一堂に会する処・・・です。
オーナー同士の「横のつながりを広げよう!」を目的に
毎回100台前後が集まり、もう5年目。
今月も いつものように いつもの場所で 泉ヶ岳ミーティング!!
f0081398_7364060.jpg

注意事項です
行き帰りの安全運転・減速運転に努めましょう
会場に出入りする際にはゆっくり走行しましょう
場内の接触事故にはくれぐれもご注意ください(誘導はしません)
グリッド内に整然と駐車してください
[PR]
by sendai-isme | 2007-06-01 07:37 | 2007 クロニクル

34th 泉ヶ岳ミーティング レポート5/13

遠来 岩手、山形、福島からの客人をさしおいて(^-^;; 申し訳ないのですが・・・なんといっても 本日のトップ画像は このお顔で異論はないことでしょう。。。なんだかバッタの顔に似てると思ったんですけど・・・私だけかな? 間延びしたフェースに愛嬌を感じますね。僕がまだ小学校に上がる前 2軒隣りの町医者先生んちにありました。往診に常用で 当時看護婦だった奥様が後ろに座ってタンデムでお出かけしてました、学校にも来てました。アズキ色でした。
f0081398_17541298.jpg

1962年製 ドイツはメッサーシュミット 2サイクル200cc タンデム2人乗り 小さなお子様も乗れますが良くできております。当時、BMWでも変わった車を作ってましたが・・・イセッタ。 大戦後のドイツですから 日本と同じく物資の少ない中でこさえられた車です。

よくよく見るとタイヤが足りん?どこにホロってきたのか???  タイヤが一本足りない??? フロント2本 リアが1本? 
f0081398_185627.jpg


f0081398_196065.jpg
あ、ありましたありました こんな所に4本目のタイヤが隠れていました(^0^) リアのエンジンフードを開けたら吊り下げられた格好で納められていました なかなか効率の良いスペースワークですね
f0081398_1852625.jpg
前進と後退とをチェンジするには特殊な操作が必要だそうです。 前進でエンジンキーを一旦切って、、、 セルモーターを逆回転させるようにイグニッションキーを押しながらON! すると エンジンも逆回転して後退の準備OK という具合。
f0081398_1855111.jpg
f0081398_1861975.jpg

4年前からお誘いし続け やっと5年目にしてお目見えです ラブコールも30回を超えております(笑) といってもオーナーのS氏はイッズミー常連組で さらに毎年8月開催の田沢湖ミーティングでは華やかなサイドに居られる方です。 今日は紺のTシャツにピンクのボタンダウンシャツが決まってます パンツは綿パン・・・VANではなさそうだけど?(^-^;; IVYタッチでお洒落  ライカのカメラが証しのように・・・コダワリの団塊世代 その典型のような氏です。 あらためて皆様方にご紹介申し上げておきます。
f0081398_5593684.jpg
 
f0081398_181055100.jpg
 余談ですが・・・ 東松島にも別の3輪車があるんですけどねえ・・・モーガン。。。 初登場はいつになるかなぁ?

f0081398_18341376.jpg
続きまして これまたマニアックな1970年ごろのマーコス。朝早くから駐車して仮眠中でしたので 起こしませんでした・・・
f0081398_18323314.jpg
私も一時はベタ惚れで、リプロのこれを買うか買うまいか迷ったほど惚れこんだものでしたが・・・ なかなかいい玉がみつからず 諦めた車でした。
f0081398_1835873.jpg
オーナーS君の家系は親子二代 英車に関してはかなり造詣深いご家族。お父上の教育を受けた息子さんは こーなる という典型のような方。 
f0081398_18392136.jpg
次回は初代親父さんのMGクラブ仲間と幼稚園児の三代目をお連れするとの約束を頂戴しております。従兄弟の方もスーパーセブンで参加されておられました。家族 親戚 皆さん車好きです。

f0081398_18424967.jpg
これまた久しく見てないセリカです エンジンは4AG 1600ccのセリカです。 
f0081398_1844386.jpg
山形からですが こちらは初参加になります。白石に寄って帰るとのことでした

f0081398_18475060.jpg
雨が降ったりやんだりで午前11時までぐずついた天気でした 平地もパラついてました(こういう日は滞在時間が少なめになります) 皆さん風邪引かないようにしてくださいね ではまた次回。
f0081398_18495763.jpg

[PR]
by sendai-isme | 2007-05-13 18:12 | 2007 クロニクル

34th 泉ヶ岳ミーティング 5/13

34th 泉ヶ岳ミーティング
5月13日 泉ヶ岳で!

仙台・泉ヶ岳ミーティングは・・・
クラブやショップさらに車種やメーカーの枠を乗り越え、
各趣向の車と世代を超えたオーナーが一堂に会する処・・・です。
オーナー同士の「横のつながりを広げよう!」を目的に
毎回100台前後が集まり、もう5年目。
今月も いつものように いつもの場所で 泉ヶ岳ミーティング!
f0081398_1851836.jpg

注意事項です
行き帰りの安全運転・減速運転に努めましょう
会場に出入りする際にはゆっくり走行しましょう
場内の接触事故にはくれぐれもご注意ください(誘導はしません)
グリッド内に整然と駐車してください
[PR]
by sendai-isme | 2007-04-30 18:07 | 2007 クロニクル

第33回 仙台・泉ヶ岳ミーティング

お疲れ様でした 出鼻をくじかれた雨降りの中でしたが
10時過ぎには日差しも見えて 150台ほど集まることができました
f0081398_81894.jpg


この画像 じっと見ていると・・・なかなかシブイですなぁ。。。 いい雰囲気ですよ、この色合い。。。ロールスにクラシックジャガーにクラシックなビートル(オーヴァル) しかもこのビートルの色はいいですね!
f0081398_803735.jpg
こちらのカルマンですが 初参加ですよね? 3本ヒゲ。 深みのある赤が雰囲気出してますね。
f0081398_825198.jpg
ロールスロイスです ・・・って なんでイズミーに?と、お思いの方も多かろうと思いますが、オーナー氏は昨日から参加されておられました。この他にも数台お持ちのようですよ。
f0081398_022739.jpg
昨日は たすおさんとヤギさんと2台のヨーロッパが参加されてましたが、今日は1台でした。奇麗ですねえ
f0081398_041935.jpg
ええとですね これは珍しい車ですよ。名前はルノー4・フルゴネットといいます。製造は多分70年代後期と思います。。。
f0081398_055793.jpg
続いてもルノー。 呼び名は製造型式コード”4”番  キャトル。 モデルグレードは GTLかな
f0081398_071540.jpg
続いてもフランス  プジョー205GTIです。これもいいですねえ、スモールハッチで いかにもカッ飛びマシンというボーイズレーサー垂涎の的でした。
f0081398_083864.jpg
最後は ジャガーです。クラシックな雰囲気プンプンのジャガーです。と 書き込みましたが 訂正がありますので ご容赦願います。下記のように 車種の訂正を申し上げます。
“ジャガー”と名のついた最初のモデルで、製造は戦前(1938年)です。
正式名称はジャガー1 1/2ℓ・もしくはSSジャガー100と言います。
機構的には後のmkⅤとほぼ同じながら、直6ではなく直4が載ってます。
外見的にはmkⅤと違いフェンダーにヘッドライトが溶け込んでいません。
サイズもふたまわりほど小ぶりです。

僕が生まれる2年前の話。当時の日本メーカーはまだまだ大衆車黎明期で オースチンをモデルに日々研究開発されていたころです。これに似た車では「アルビスTA」があります。余談ですが アルビスは今でも戦車メーカーとして英国の軍事産業で現業を維持しています。。。

f0081398_095076.jpg

[PR]
by sendai-isme | 2007-04-09 08:13 | 2007 クロニクル