仙台 ・ 泉ヶ岳ミーティング chronicle

<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

32nd 泉ヶ岳ミーティング開催案内

11月12日 泉ヶ岳で!
いよいよ 2006年最終回です 早いもので また歳をとりました(笑)

仙台・泉ヶ岳ミーティング(イッズミー)は・・・クラブやショップさらに車種やメーカーの枠を乗り越え、各趣向の車と世代を超えたオーナーが一堂に会する処・・・です。オーナー同士の「横のつながりを広げよう!」を目的に毎回100台前後が集まり、もう4年が経過します。 皆さんのご協力のお陰で、今年も色んな車種とオーナーが集まり、談笑し再会を約しつつ 回を重ねることができました。 来年も元気でお会いできますよう この最終回、最後の顔合わせをしたいと思います。ぜひお出掛けください。

今月も いつものように いつもの場所で 泉ヶ岳ミーティング!

  開催期日    2006年 11月 12日  10時~14時
  開催場所    仙台市 泉ヶ岳スキー場大駐車場
f0081398_206356.jpg

注意事項です
行き帰りの安全運転・減速運転に努めましょう
会場に出入りする際にはゆっくり走行しましょう
場内の接触事故にはくれぐれもご注意ください(誘導はしません)
グリッド内に整然と駐車なさってくださいね
[PR]
by sendai-isme | 2006-10-29 20:06 | 2006 クロニクル

裏磐梯ツーリング&ミーティング 3

今回の裏ツー合流場所は北塩原の裏磐梯道の駅  あちこちから会津のメンバーが集まってきます それに釣られて 一般車両の中でも 旧めの車やスポーツカーがやってきてます・・・

本来の計画は ここからゴールドライン経由で蕎麦会場だったけど、、、たぶん掲示板を読んでいないのではないか?と思える白虎隊さんが仕切ってゆく・・・(^-^;; どうなるいったい? 知らぬというのは強い(笑)
f0081398_17483710.jpg
喜多方のベレット氏の後ろを走る  こういう景色も「裏ツー」らしい,、 クラブツーリングとは一味違う雰囲気 ゴールドラインを止めてのんびりと桧原湖畔を走っていきます。ジャガーEを先頭に カニメ ベレットGT-R ジネッタ ビート ケータハム7 Kエンジン エリーゼ2 ベレット最終型 アルファロメオ1300ジュニアと続きます 五色沼辺りの渋滞を尻目に進む旧車たち・・・この姿は観光客にとっては奇異に映っていたかもしれませんね 
f0081398_9192832.jpg
f0081398_9304750.jpg
蕎麦祭りの「日本蕎麦博覧会」会場につきました たくさんの出店が大きな掛け声でお客を捕りこもうと必死です当然ながら 選んだ店は・・・宮古蕎麦の蕎邑。
f0081398_643128.jpg
f0081398_924711.jpg
細打ちで非常に上品な蕎麦です なんでこんな田舎に?こんな繊細な蕎麦なの?と誰でもが驚く宮古蕎麦。
f0081398_9275194.jpg
続いていただいたのが 白河蕎麦 美味しかった鴨かけ蕎麦。。。 2杯とも招待券で無料でした。
f0081398_9292067.jpg


帰り支度の際に 撮り終えたい磐梯山とのショット
f0081398_9355026.jpg
f0081398_1112479.jpg
たまには オイラのジネ公も載せておこうかな
f0081398_12164214.jpg
f0081398_111666.jpg
今日は 楽しかった。仙台組はひとまず先に出発します 皆さん ありがとう! 今度 イズミーでお会いしましょう!!お世話になりました
f0081398_11184499.jpg

f0081398_943412.jpg
母成ラインです もう3時なので曇ってきていますが あとは温泉に入ってノンビリするだけ車は快調に中ノ沢に到着 途中nabceさんと分かれて、超々鄙びた横向温泉にて今回のツーリングを打ち上げた。 心地よい温泉に浸かって今日の思い出を語り合う なんと、一日の仕上げにはピッタシの良い時間じゃないか!!
f0081398_9402316.jpg

イズミーは車種を問わないミーティング、その考え方で今日に至っています。今回の裏ツーも色んな車種のオーナーが集まって 都度 合流しては別れていきました。興味深い車に出会えて楽しく思えるのは私だけではないでしょうな  今回の企画担当 nabceさん お疲れ様でした ありがとう!!
[PR]
by sendai-isme | 2006-10-29 09:44 | サーキット・ゲーム

裏磐梯ツーリング&ミーティング 2

f0081398_2243554.jpg
毎回恒例となった朝ラー(開店同時雪崩れ込み的早朝ラーメン)は 今回 上海を選んだ。もっとも企画担当のnabceさんが井上陽水好きかどうかは皆目分からん話なのだが・・・ 上のようなこんな小路のような飲み屋街のなかに それはあった。
f0081398_2252458.jpg
見た目は普通の喜多方ラーメン 薄い透き通ったスープ 喜多方ラーメンである証拠にチャーシューが3枚 サービスに大根のお新香がついてくる お腹もすいてるので早く食べたい気持ちを抑えながら スープをすする・・・? もう一口・・・?? もう一口・・・??? つづいてチャーシュー さらに続けてシナチク・・・。。。特徴は少し甘いスープ とんこつベースなのだそうだ チャーシューが少しショッパイ たぶんチャーシューを最後に食べると味が和んでいいのかもしれない?
ここの店主がこだわっているのは地元の手造り醤油 天然塩 チャーシュー(確かに美味かった) それと こだわっているのが会津本郷焼きのドンブリなのだそうだ 一度 お試しアレ!
f0081398_226365.jpg


源来軒がもともとの喜多方ラーメンの味とすれば、上海はそれに近い感じ?いわゆる元祖系。 喜多方ラーメンを大雑把に分ければ元祖系のほか塩味美味な坂内系、スープ出汁にこだわった人気のマコトさらに阿部食堂系・・・朝ラーのパターンはこの3タイプにほぼ決まりつつあると勝手に思っちゃってるが・・・(笑) 強いてあともう一つといえば花物系、今回はパスした喜一の赤魂三段仕込みを次回はチャレンジせねばならないかも?

f0081398_2283460.jpg
今回は観光をせずに一切 山岳道路を小気味良く走る予定だったのだが お腹の満腹感がそれを拒んだ  というか白虎隊さんの案内で 喜多方市慶徳町 新宮熊野神社国(重要指定文化財)に伺った。拝殿(長床)は間口9間 奥行き4間もある大きな建物です 
f0081398_84758100.jpg
平安時代といわれる柱はとても太かった。
f0081398_229123.jpg
凄い拝殿でしたね 一度 慶長年間に地震で倒壊したとはいえ再建の努力が実って今に至っているそうな  蒲生氏郷という殿様はそういう点でも神社仏閣に造詣の深いお方 教養とあわせて信心深い殿様だったんですね(策謀に長けた地方の戦国大名・伊達政宗とは出所が違う) 不運にも頑固さがたたって左遷させられましたが 豊臣家臣であるという血筋が表れてる気がしました。江戸時代 庶民の熊野遊山ともあいまって大事にされたんでしょう。
f0081398_2294042.jpg
これはこの辺で走っている観光タクシー。現代車をアレンジしているのかな?と鼻にもかけなかったのだが女性の運転手に尋ねたら なんと1920年代の英国製アスキス社製「ザ・マスコット」だというではないか しかも手造り復古だと・・・・見た目で○○と思いきや 実に 由緒のある9人乗りタクシーだったのだ ちなみに喜多方から米沢まで コレを貸しきって行っても かなり安い料金だと話していたが それには興味がないので聞き漏らしてしまった。問合せ先は 合資会社広田タクシーです。
f0081398_22103659.jpg
f0081398_22113052.jpg

[PR]
by sendai-isme | 2006-10-28 22:11 | サーキット・ゲーム

裏磐梯ツーリング&ミーティング 1

f0081398_21485424.jpg
恒例になった裏磐梯ツーリング 通称:裏ツー。。。今年も行ってきました。初回企画はジネッタ仲間のツーリングでしたが それがもとで3年続けていられます。仲間というのは ほんとうにありがたいものですね。
f0081398_2149209.jpg
土湯トンネルを抜けると磐梯山が見えてきました、秋の空ですね。 横向大橋を渡りながら この青とカラマツ林の黄色がコントラスト良く紅葉の世界に色をそえていました。
f0081398_2151417.jpg
裏磐梯五色沼からスカイバレーに向かいますと こんなブナ林の光景になります 冬枯れの山の衣としてはなんとなくもの寂しい感じがしますが  それがまたいいんですよ。
f0081398_21523362.jpg
磐梯山を遠くに眺めながら休憩中。 寒い朝をオープンで走り終えた男たちの背中を 秋の日差しが暖めてくれています。なかなかいい光景でしたよ。
f0081398_7151639.jpg
f0081398_21541153.jpg
山を下り 喜多方市へと桧原湖の狭い湖岸道を走ります ここも普通は走らない道なんですが早稲沢の集落から喜多方へ抜けるには一番の近道です
f0081398_21552577.jpg

[PR]
by sendai-isme | 2006-10-28 22:04 | サーキット・ゲーム

1st クラシックカーミーティングin石巻 10/15

石巻で初めて開催されたクラシックカーイベント・・・とりあえず 画像だけの報告とします 
さて トップバッターは 1923年式ロールスロイス3120ccです
f0081398_22211266.jpg
まるで8頭だての馬車(ベルリーナ)のようです エンジンの音はとても静かで 驚きます
f0081398_19101792.jpg

これは珍しい。お初です。1949年製ローバー110(2627cc)  フロント周りが、ALVIS-TDに似てます・・・アルヴィスという高級車は格式こそロールスロイスとほぼ同格ですが、知ってる人となると 少ないでしょうね・・・今は戦車つくってますが。
それから この車の補助灯の位置、、同年代他車と比べると変わった位置にデザインされております。最近の車と同じように ヘッドライトの横にターンシグナルと車幅灯を位置させてあります。 一般的に当時はヘッドライトの下部に補助灯とかウィンカーがデザインされていましたが。ロールスロイスでも65年ごろになるとヘッドライトの横の位置になります。。。
f0081398_1910402.jpg

1969年式のモーリスマイナー1000です。まるでかつての日野ルノーですね。 先日はこれのトラベラー/カントリーマン?が菅生を走りました。ミニの生みの親、イシゴニスが設計した車です。1948年にマイナーMMとしてデビューし、71年まで長期にわたって生産された、ミニの御先祖さまです。

f0081398_1911083.jpg

大きなフェンダーのデザインがVWビートルみたいですね  好きですこのデザイン
f0081398_22171551.jpg
赤いのがロータス エスプリS3(1987年 2174cc) 黄色いのがエスプリS1(1978年 1973cc) もちろんS2もありました。それらの簡単な見分け方はフロントバンパーの形状です。。。いつもの青いエスプリは1992年製のSEです。  ここでクイズです(笑) 映画プリティウーマンでリチャードギアが乗っていたエスプリはどのタイプでしょう?
f0081398_191398.jpg
MG-Aです1958年生まれ 1480cc きれいなボディラインですね 仙台では他にグリーンと白とライトブルーが棲息してます
f0081398_1914645.jpg
ついに・・・コブラです  1965年製7000cc そういえばアメ車のイベントがあって それにも参加されるようです 見たい方は22日 石巻 日和大橋近くの「山大」さんの駐車場に行かれてみては?
f0081398_19175599.jpg
ここにも 数字が・・・が、これは 427。。。 前回は289(^-^;;
f0081398_22185892.jpg
こちらが1965年製5700ccのコブラです 
f0081398_19181926.jpg
1970年製フィアット500Lです(通称チンクチェント) 可愛い♪って 女の子から人気がありますが・・・ このチンクのチューンされた車ではアバルトチューンが有名ですね・・・モデルとしては500 595エッセエッセ 695 850TC 1000TCなど 優れたチューナップモデルが輩出されました。僕なら トッポジージョよろしく3本の髭を生やした600か ハイパワーな1000TCもいいかな(笑) ちなみに TCとは ツーリスモ・コンペティツィオーネの略
f0081398_19185468.jpg
ボルボのスポーツカーP1800です。1972年製1986cc。オーナー氏はボルボのアマゾンもお持ちです。
f0081398_1919974.jpg
ホンダ1300クーペS 1971年製1298ccです。 シングルキャブの7(セブン)か 4キャブの9S(ナインS)とが当時ラインナップされてました。かつて僕は友人の1300クーペ7を借りて裏磐梯まで飛ばしたことを覚えています 当時24歳でした。空冷1300ccエンジンで95馬力。 1速から2速に入れて9000回転近くまでまわし FFで引っ張る感覚は特異で、後輪がぐっと沈み込みフロントが上がったまま 空冷独特の音で加速していきます 凄い車だと当時思いました。69年に発表されたこれのセダンもあって、角目2灯の77とか丸目2灯の99とかでしたね。今でも旧車市場では高値です。
f0081398_1919369.jpg
これは イズミーでも有名になりましたがトヨタスポーツ800。パブリカと同じ水平対向2気筒エンジンです。高速道路も軽く130kで追い越していくらしいです ボディが軽いというのは最高ですね。考えてみれば・・・  車って、、、自分の車体を引っ張るだけで パワーの90%以上を使い果たしているわけですからね(笑)
f0081398_1920380.jpg
これは マツダ ルーチェ・レガート 1978年製1970cc この車のパーツも出てこなくなったそうです。考えてみれば 僕のシムカと同年代なんですよねえ・・・内装は断然 国産車優位です。
f0081398_19203362.jpg
この辺になると不確かな記憶しかありませんが それでもこの三輪車は比較的高年式です。ダイハツ CM-8 1967年製 1500ccです。
f0081398_1921081.jpg
トヨタ カローラ 1967年製1100cc ・・・フロントグリルがフラットな縦じまになっておりますが。。。68年式は縦じまに段差の変化を加えていました。
f0081398_19212474.jpg
ジャガー XK150です。1958年製 3500cc オーナー氏はロナードもお持ちのようですが 今回はXKでした。画像は運営スタッフのTAKEさんからお借りしました
f0081398_716899.jpg
スズキ エブリー660cc  ネコバスです
f0081398_1922268.jpg

オオトリはシトロエンDSのダッシュパネルです。映画ゴーストバスターズに登場する車がこのシトロエンDSです。 実にどんな内装だったんでしょう? このモデルは最上級のパラスというタイプ 座面はふかふかで しなやかなスプリングの塊という感じです。ちょっと変わった所では ブレーキがボタン式ではなく ペダル式だったという点かな? でも 利きはボタン式ブレーキと同じなので 普通の車のようなストロークで調整する踏み方ができません
f0081398_22112877.jpg
f0081398_19223238.jpg
f0081398_1923494.jpg

前日の日程に組み込まれた 参加者によるコバルトラインツーリングです
f0081398_711820.jpg

[PR]
by sendai-isme | 2006-10-15 19:25 | サーキット・ゲーム

31回 仙台・泉ヶ岳ミーティング

1965年はどんな年だったのか?・・・

出来事
2月7日 - 米、北ベトナム爆撃開始。
3月10日 - 富士山頂に気象レーダー完成。 (当時、世界最高地点)
4月24日 -小田実らが「ベトナムに平和を!市民・文化団体連合」(ベ平連)を結成。
10月24日 - F1メキシコGP決勝が行われ、ホンダが初勝利。
11月19日 - 戦後初の「赤字国債」発行が閣議で決定。

大相撲・・・春場所 大鵬幸喜   秋場所 柏戸剛 のいわゆる「柏鵬時代」
流行語・・・ブルーフィルム,フィーリング,モーテル,やったるで(金田正一)
映画 ・・・ 大怪獣ガメラ 007サンダーボール作戦 網走番外地 サウンド・オブ・ミュージック 
流行歌・・・北島三郎の兄弟仁義、帰ろかな、田代美代子の愛して愛して愛しちゃったのよ、山田太郎の新聞少年、加山雄三の君といつまでも、夜空の星、菅原洋一の知りたくないの、マヒナスターズの涙くんさようなら
・・・という時代ですね 東京オリンピックの翌年?昭和40年ですね。僕は中学3年生でした。

f0081398_1685915.jpg
アメリカンフォード マスタング 1965製(おやおや・・・北爆開始の年代とは・・・奇遇ですな)
いままで マッハ1は参加されていますが マスタングは初めてのお目見えになります。初代モデルは1964年にデビュー。大胆なデザインやアメリカンなパワフルなエンジンによる豪快なドライビングなどで人気を集めた初代マスタング。ネットで調べると・・・発表当時、初日だけで2万2000台もの注文があり、ディーラーの前にはテントを張って順番待ちをする人が出るなど、伝説的なエピソードをもつ。最初の1年間で41万7000台を売り尽くしたほどの極めつけ。 1967年型はマスタングデザインの頂点>流れるようなルーフラインのファストバックが登場(セリカLBそっくり?)、3分割式のテールランプ シャークのようなフロントデザインなど、アグレッシブな姿勢が印象的です。・・・すごいですね これだけ憧れを持って過去を振り返らせるほどの印象を持たせる車・・・ということですね。いいもの見せて頂きました。福島にも赤いマスタング初期型がレストアされて走っていました。カッコイイです。アメリカに数百万の現金を持って 買い付けに行く方も多いんだそうです。
f0081398_16102161.jpg
f0081398_16121829.jpg


はい ここで皆さんにクイズです。マスタングのサイドに このような数字のエンブレムが貼り付けてありますが・・・これは一体 何だと思われますか??(^-^;;
f0081398_1613964.jpg


綺麗な赤でした ロータスエリーゼ フェーズ1 好みの分かれるところですが、 なかなかいい顔してますよね。ロータスヨーロッパの顔に似せています。デザイナーは当時30代になったかどうかの若い方でした。ロータスの2度目の絶頂期を作り上げたエリーゼ。デザイナー氏は次回 ナニをイメージしてるんでしょうかね?
f0081398_16143261.jpg


シトロエンBX 久しぶりにBXの参加です。最近 DSもGSもCXもAXも・・・来てませんでしたが なんとタイムリーにBXの登場です、フレンチブルーミーティングでシトロがシトロだった時代の車(CX以前になるのかな?)がたくさん集まることを希望しますな。 そういえば 昨年 水の森の芋煮会でお会いした白ボビンBX氏はお元気なんでしょうかね?
f0081398_16153494.jpg


AMG E60  世界限定生産15台?だったか W124の中でも超レア車です。この辺は よく分からないところで のちほど調べておきまするぅ。 
f0081398_1616582.jpg
f0081398_16175671.jpg
f0081398_1619162.jpg


1960製 日産プリンススカイライン(54 B) L型エンジン
お久しぶりでした。昨年と違って全くお会いできずでしたので お体の具合を心配しておりました。来週 石巻でもお会いできるんで安心しました。忘年会もよろしくです。
f0081398_16203594.jpg
f0081398_16213985.jpg


前日の低気圧がもたらした大雨で 海岸線近くの田んぼは冠水し 刈り残された稲田が哀れでした。
f0081398_16231755.jpg


画像は たったこれだけです どなたか名ショットを送信してください。。。

と 呼びかけた途端に・・・ ポルシェ356 Bの画像が送信されてきました。。。 以前にも 紹介しましたが こういう名車が時々、仙台市内を走っていると思うと嬉しくなってきますね。ガレージにひっそり佇む名車を眺めるのも良いんですが・・・真逆で。しかも本日 市内は晴天でしたから まさかの雨で根白石から引き返そうかと思ったほど と聞いては尚更です。ありがたいですね。

「名車列伝」によりますと・・・1948年に誕生したポルシェ356は、ビンテージカー以来の常識を根底から覆したコンセプト、レイアウトを持つ小型スポーツカー。59年秋に登場した356Bは激増する都市部の交通事情に合わせバンパー位置が100mm前後上がり、それに伴いヘッドライトも上部に移行、フェンダー形状も変更された。ボディはクーペ、カブリオレのほか、62年まではロードスターが存在した。また61年から62年にかけてハードトップが少数造られた。水平対抗4気筒 1600cc OHVエンジンを積んでおります・・・とあります。。。
f0081398_11355821.jpg

[PR]
by sendai-isme | 2006-10-08 16:25 | 2006 クロニクル