仙台 ・ 泉ヶ岳ミーティング chronicle

<   2011年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

なぜ この時期に 倒閣なのか?

被災者不在の政争に何の大義がある?
f0081398_2204123.jpg

いま 復興に向けて
頑張ってる被災者が たくさんいるのに
国会で 綱引きをやってる場合か?

被災者の生活苦、原発補償をにらんで 
2次補正予算を組むのが先決じゃないのか!

なぜ 被災地の心情を理解しない?
なぜ 今 政局なのか?
被災地住民として 理解できない

家を流され 職業を失い 呆然とする国民に
将来展望を拓き 生活不安をなくすのが
国会議員の仕事ではないのか?

保守派の諸君よ
原発の利権を むさぼり食った君らに
倒閣を叫ぶ資格など もともとないのだ!


<内閣不信任案>「被災地に目向けて」怒りとあきらめの声・・・毎日新聞 6月1日配信

 東日本大震災からの復興の道筋も見えない中で、自民、公明、たちあがれ日本の3党が内閣不信任決議案を提出した。震災発生からまだ3カ月足らず。大津波や福島第1原発事故に見舞われ、避難生活を強いられている人たちからは、怒りとあきらめの声があがった。「私たちの暮らしに目を向けてほしい」。政争に明け暮れる永田町に、被災者の思いは届かないのか。

【まさに党利党略】内閣不信任案:被災地の選管「実施無理」 名簿作りも困難

 「そんなことをしている場合なのか」。岩手県陸前高田市立米崎小学校で避難生活を送る藤丸秀子さん(62)はため息をついた。震災で勤め先の会社が被災して失業し、自宅も全壊した。現在は心臓病を患う夫(64)と認知症の母(84)の3人で暮らし、仮設住宅への入居を待ちわびる。「被災者の暮らしに目を向けてほしい。仮設住宅を出た後の住居が心配。首相が代わっても将来像が描けるとは思えない」と話した。

 同じ陸前高田市の市立第一中学校で避難生活を送る同市高田町の無職、藤村邦夫さん(69)は「野党なんだから内閣不信任案を提出するのは勝手だが、何がしたいのか分からない。どこまで足の引っ張り合いをするのか。これから何が変わるのかもぴんとこない。今は大変な時期だから、与野党関係なく一緒になって頑張ってほしい」と話した。

 宮城県の被災者からも、疑問の声があがる。仙台市若林区の荒浜地区から若林体育館に避難している農業、安達嘉博さん(77)は「政争によって、被災者支援や復興に向けた政策の策定が進まなくなる。津波で家を流され、塩害で農業もできなくなった。震災前のように暮らせるよう政府に期待したいのに、またごたごたが始まるのか」とうんざりした表情で話した。

 宮城県山元町の山下中の避難所に同町山寺から避難中の農業、岩佐としみさん(71)は「力を合わせて震災対策をやるべき時に政治家同士で何をやっているのだろう。家族を失い、財産を失った人たちがいまだにこうやって避難所にいる。政治家は私たちの話をほとんど聞きにも来ない。私たち被災者の気持ちは何も分かっていない」と話した。

 原発事故の影響にさらされる福島県。福島市のあづま総合体育館に、警戒区域に指定された南相馬市小高区から避難している無職、佐藤節子さん(75)は「首相なんて誰がやっても一緒。政治家同士で足の引っ張り合いをしないでほしい」と突き放すように語った。「私の希望は原発事故が収まって、一日も早く自宅に帰ること。それが実現するように、協力し合ってもらいたい」。

 会津坂下町の旅館に葛尾村の警戒区域から避難している畜産業、松本英正さん(69)は、和牛9頭を飼って暮らしていた。何十年もかけて改良を重ね、ようやく軌道に乗り始めたところで震災と原発事故に遭ったといい「今の政権は頼りないが、誰がやっても同じではないか。あんな騒ぎして、復興のためになるのか。われわれのことを考えてやっていることなのか」と語気を強めた。

【中川聡子、前田洋平、伊澤拓也】
[PR]
by sendai-isme | 2011-05-31 21:49 | 東日本大震災

早まりそう・・・

今日、5月28日 今月3度目の配送をしてきました。画像は野蒜常林寺境内のツツジです。

◆ カモ井加工紙㈱さま
北海道産のニシン カレイ ヤリイカ アジ開き 瀬戸内海産ままかり酢漬け 
味噌パック ドレッシング各種 洗濯ロープ 洗濯はさみ 
◆ 中門水産さま 
静岡産のアジ開き いわし開き ほっけ めざし 
◆ 117さま
桃屋らっきょう 桃屋福神漬 男性肌着 トランクス ブリーフ  軍手 軍足 
皆さま ありがとうございました お届けしてまいりました。
f0081398_9484815.jpg
常林寺境内のツツジ

今日は嬉しいことが2つありました。

現状では 松島町東部地域交流センターは内海さんたち12名、中下公民館は尾形さんたち16名、
常林寺は安達さんが仮設に転居されたので 代わって宮澤さんたち15名、野蒜駅裏は坂本さんたち13軒 
と大幅に避難所入居人員が減っておりました。
以前は狭い避難所に60人前後住んでいたと思うと・・・4分の1に減ったわけでから、
それだけアパートに移った方、仮設住宅建設に入居した方が多くいることを意味しております。
これはこれで大きな前進で、よかったですね。

でも 見落としもありました。ストッカーとか冷蔵庫がなかったんですね。
寒い季節だから間に合っていたわけですが 夏場はちょいと大変かな。それに 働き口の問題もあります。
さらに 働き口がみつかって働き始めれば 煮炊きや 保育や 老人の世話など まだまだ生活問題や不安は残りそうです。
でも先ずは前を向かなくちゃ、そして歩ける人から歩みを進めないと・・・、中には歩き出せない人もいますので、そう一律にはいきませんが。

今日、だいぶ仮設入居が進んでいることがわかり 松島町東部地域交流センター避難所は閉所になることも知りました。
やっと状況的に一山越えたなと思えるようになり 期せずして最後の支援物資配送になりましたので、
我々の集まり「イッズミー」の名を名乗り、この支援の陰に多くのイッズミー参加者が応援していることを伝えてまいりました。

そういえば 松島東部地域交流センターにて毎週毎週、一週間交代でバス1台分40名でボランティア合宿研修をされていた
兵庫県舞子高校環境防災科の生徒さんたちも、5月28日からの一週間が最後のクルーになったようです。
神戸震災以後に新設された環境防災科、凄い高校ですね、ボランティア活動が社会実習の研修だというんですから 
それだけでも世の中変わってきています。

雨に濡れる者を見たら、庇を貸すのは当たり前です。しかし今回 私は充分すぎるほど分かったのですが 
「共助の精神」では、さらに火を焚いて、風呂を沸かして、冷えた身体を温めなさい、温かいお茶を点てて進ぜましょう
お互いさま・・・という「徳の実践」だということでした。

次に、嬉しかったことの2つ目・・・

野蒜駅裏の避難所指定となっていた民家グループ17世帯ですが、先日、震災後2ヶ月ぶりに電気が通って、
家に灯りがついたシーンがテレビで流れましたが そのシーンを世話人:坂本さん宅で笑顔とともに確かめてまいりました(笑)
実にこの野蒜駅裏地区は先の5月20日 「自立に向けて立ち上がろう」宣言をしたばかりで 指定避難所から自主的に外れました。
確かにスーパーはない病院もない地区なので車で松島か矢本に移動するしかないのですが、
なんせ自立に向け第一歩を踏み出すまでに至ったわけです。おめでとうございます。

僕らは月に2、3回ですが休日に物資・生鮮食材を運んできました。
じつは今回まで(仮設に入居が決まるまで)自分達イッズミーの名を名乗らずに 毎月同じ避難所を支援してきたわけです。
ここでも、そこでも あちらでも イッズミーの名前は伏せておりました。支援者と被災者 互いの理解を深めること、
さらに形式ではなく実質で援助を続けたいという思いがあったからです。

3月末、最初の訪問、、、「支援物資を持ってきました!」と言える状況にはありませんでした。
その後、毎週毎週の訪問を繰り返すうちに、顔を覚えてもらい僕らの意図を汲み取って貰えるようになっていったわけです。
そういえば防塵マスク配布の時なんか 「あとで請求がくるのか?」といわれたほどでしたよ。
お互い馴染みがないので不審が先行しがち、とにかく気遣いの連続でした。

被災者といっても昨日までは僕らと同じ生活レベルだったわけですから・・・
その彼我の違いを心で打ち消し共感を持ち合えるかどうかが一番気を使うところでした。
それに名を名乗るかどうかは当時、避難者にとっては関係無いことなので敢えてしなかった というわけです。
だけど今日、ついに名を名乗れる状況になって なんだか内心ホッとした感じ。
ここまで来るのに・・・意外に早かった というのが正直な感想です。
  
被災地にあっても・・・自分は被災者でない 

・・・と自分に言い聞かせてきました。
震災や津波のニュースを見る度に「これじゃいかん」と、自分一人からでも支援活動しようと決意しました。
まずイッズミーで呼び掛け支援活動がスタートしたわけですが 
全国は 博多 岡山 倉敷 兵庫 大阪 静岡 横浜 東京 新潟 福島 山形 羽後湯沢 北海道 そして仙台。
多くの仲間が即座に反応し縁が縁を呼び込んで 衣料 下着 青果物 冷凍塩干魚 味噌 醤油 生活物資をいただきました。
またTシャツ集約活動も300枚も集めることができ、支援に弾みがついて呼び掛けた本人としても感謝感謝の連続でした。

さて、みなさん 8月まであと3ヶ月ですが 支援の形態 支援方法 物資の内容 など再検討する時期が早まったように思います。
避難所支援か?或いは仮設住宅支援か?などもう少し検討し、ネット通信によるリクエスト方法の状況を見ながら・・・
何を いつ どうやって などの検討をしたいと思います。

当面6月から8月まで 月一のイッズミーで生鮮物資集荷活動と義援金集約活動は継続します。
そして生鮮青果ブツ 海産干物を引き続き支援してまいりたいと思います。
以上 今日現在の報告を申し上げます。まだ、一時金が支給されていないようですね。
僕らの支援はまだ続けてゆきます。

6月イッズミーで生鮮野菜と果物 味噌と醤油 季節の果物などを集荷しましょう! 
ではまた6月 お会いしましょう! 


◎避難所にパソコンが用意されたので・・・ 今回 メールをいただきました。

いつも、美味しい干物有難うございます
今日、安達さんの所に持って行った鰈は隣近所にわけてたべるそうで
早々安達さんの近所から電話が来ました
今、仮設住宅は入居出来たものの義捐金等の支給はまだまだ先で
6月中旬に成るそうです、それまでは収入の無い人達がまだまだ多くいます
仮設住宅に支援するのはかなり規模が大きく成りすぎるとは思います
せめて、定林寺から出た人達も同じように考え此処から余った物資は
持って行ってあげようと思っています     宮澤

  

[PR]
by sendai-isme | 2011-05-29 09:51 | 東日本大震災

さらに危険な 「内部被曝」   (上)

先般、ニュースなどで福島の御父兄たちが文科省にデモ行進して悲痛な叫びをあげていましたが、
まったくもって 同情いたします。
ここで・・・20ミリシーベルトが基準になるべき値なのかどうか?ということに神経をとがらすのは無論ですが、
さらに小さな子をもつ親として より神経をとがらせねばならぬことがあり 以下はそれについてのアピールです。

今回の争点の発端となった「校庭問題」、つまり「校庭からの被曝線量」(外部被曝)。
子供たちの人体への被曝許容量の根拠にその問題点がありました。
今後さらに深刻な問題になってくるのは外部被曝だけではなく 食事や飲料水などの摂取による「内部被曝」問題です。
それが原因して人体への影響(甲状腺ガン発症や奇形児発症 血液の癌 骨の癌)などが問題だという見方・考え方です。

文科省デモばかりに目を向けられ 外部被曝だけが注目されがちな傾向にありますが 
食事・食料・飲料・摂取について、つまり内部被曝に対処する注意点が抜けていることについて 
その補完というか喚起を促す意味で以下に内部被曝について記してみようと思います。

外部被曝はスクリーニングで計測できますが しかし内部被曝までは計測できません。

ここに長野県松本市の市長:菅谷氏のメッセージがあります。菅谷市長はお医者さんでもあり、
チェルノブイリ原発事故による被曝者の健康管理を5年間現地に留まって担ってきた医師でもあります。
菅谷先生は下記のように問題点を整理して訴えていました。
f0081398_1925347.jpg

1 マスクをしてください。
なぜマスクをするかというと・・・、汚染されて、浮遊している放射性の降下物が
鼻から気道、気管をとおして肺に入って それが吸収されて血液の中に入って
体に蓄積されるということになるからです。

2 肌は露出しないでください。
これは皮膚からで いわゆる吸収されて体の中に入っちゃいけないからです。
長袖シャツに帽子(キャップ ではなく ハット) 
雨の日は傘と使い捨てのレインコート(数枚用意しておく)

3 口から入ることに対処する。
経気道的、経皮的(皮膚)、それからもう一つは経口的なんですよ。
この三つが経路になっているんです。

以上 できるだけ体に取り込まないように ってことを言っているのです。

これは今じゃなくって 5年、10年、30年後も人体に影響する物質、
セシュウムとかストロンチウム(半減期が30年、放射性ヨードの半減期は8日ですけれども)、
そういうように、できるだけ呼吸、皮膚、摂取などで取り込まないようにって言っております。

それにもかかわらず 
今回のように ホウレン草ならホウレン草に降下付着するものを(風評被害をなくすという点で許認可を与え 
安全宣言させ) 口から摂取させるのでは、のちのち悪影響になって5年 10年 30年後に出てくる。
だから、できるだけ放射性物質を体に取り込まないこと。
そういう意味で今後全国でも食品に対しては 多分に汚染の状況チェックを充分してやってください。

心配ないものは食べてよいです。
私自身はウクライナの汚染地でジャガイモ 人参 玉ねぎを食べたりしてきていますけれども、
大人はまだいいが、できればこれから生まれてくる子どもや、あるいは小さい子供というのは
そういうことの無いようなことを大人がしてあげなければいけない。

そこで放射能の許容レベルは、先ほど記者が言われたように、これは許容レベルというのはあるんです。
例えば事故の時にポーランドでは、事故から4日目なんですけれども、
国の命令で乳牛には新鮮な牧草を与えることを全国的に禁止しているんですよね。
より安全な干し草を餌にしなさいというわけです。

注)安全基準を守るという意味での「許容」であって、販売するための規制値ではないということです。
日本とは考え方が違い かなり革新的で人道的です


それから 100ベクレル/リッターということは100ベクレル/キログラム以上の汚染ミルクを
子どもやあるいはまた妊娠、授乳中の子どもが飲むことを禁止しているとか、
4歳以下の子供は原則として「粉ミルク」を飲ませるとか。
この時は急きょ粉ミルク不足の分はオランダから緊急輸入をしていましたけれども。
子どもや妊娠、授乳中の女性はできるだけ「新鮮な葉菜類」「葉物」は摂取を控える
ように指示している。こういうふうに対策をとったんですね。

ですから 今回の場合に、これ(ミルク)が1000ベクレルで、福島のホウレン草は4000ベクレルですから、
そういう意味では、やはり残念だけれども、特に生産者は本当に気の毒ですけれども、
子どもたちの命、将来のことを考えれば、この場合は政府が最大限に保証してあげることが重要です。
しばらく汚染の状況が安全のところまで行くまでは・・・。それはミルクもそうですね。


次のページに続く
[PR]
by sendai-isme | 2011-05-27 14:44 | 東日本大震災

さらに危険な 「内部被曝」   (中)

ここからはブロガーとしての私の意見です。

今回、菅谷先生の講釈をこのブログでもアピールしておきたいと思いました。
ここでは 経口摂取について親として対処し子供を放射能から護る必要がある 
という意味でのレポートです。

あれもダメこれもダメとか 危険とか 避けるとか 引っ込むとか 拒否するとか・・・ではなく、
冷静な被曝への忌避法 対処法などが以下の記述から読み取れるはずです。
福島の親御さん同様、子を持つ親として文科省に出向くことも一行動として理解できます。
その前に自宅での忌避法を今一度じっくり見直してみてください。

我々福島以外で暮らす者にとって、もしかすると無知さゆえに内部被曝には無頓着であるかもしれません。
できそうでいて難しい問題ですが 常々口から入ることにもっと敏感になり何が安全なのかを考えて摂取しなければいけません。
食べるにしても 飲むにしても 今後は「根拠」があるということをここで学んでください。

たとえば・・・産地とか 雨の多い梅雨時の食糧とか 近海の水産物は去年獲れた冷凍品か?とか自らチェックし摂取することです。
僕も風評被害で困っている福島の生産農家を助ける意味で 福島産青果物を応援しようと思っていましたが(1度だけ実行)、これはミスリードだったようです。

小さなお子さんがいる家庭での自主防衛策 たとえば・・・
産地は・・・福島原発から遠い地点が基準です。「地産地消」は忘れましょう!
日付は・・・原発事故以前に収穫されたものが基準です。
時間的経過は・・・「拡散した」か?「安全圏に入った」か?が基準です。最大30年。
このうち産地と日付チェックは自分でできる「食品選択」になると思います。


日本総理や韓国大統領や中国首相が揃って 福島産サクランボをほうばり安全をアピールするニュース映像を見ましたけれども
 「あれは 大人であるから安全なのであって、子供にとってはおそらく忌避すべき」と私は理解しております。
風評被害をなくす意図もありましょうが・・・。

f0081398_22135831.jpg
しかし皆さん、何でもかんでも政治のせいにしてばかりもいられません。
内閣を倒したからといって放射能・放射性物質が消えるわけじゃないし 
かつて安全基準を作った自民党政権時代の人たちがさらに厳しい目で基準を改定するとは思えない
なので対策は「我々自身が自主的に安全策を講ずる」こと、それしかないと僕は思います。

かつての自民党政権時代に策定された安全基準値と世界各国の安全基準値とを比べ、驚くと同時に自主防衛しなくちゃ・・・と決意なさるはずです。。
●ミルクなどの飲み物基準値比較では 
WHO基準は 2ベクレル/リットルに対し 
日本基準は セシウムで200ベクレル/リットル、ヨウ素で300ベクレル/リットル
日本の乳児基準は 100ベクレル/リットル
ベラルーシでは 10ベクレル/リットル

●食べ物の基準値比較では
WHO基準値が 10ベクレル/kgに対し 
日本基準値は セシウムで500ベクレル/kg、ヨウ素で2000ベクレル/kg
ベラルーシでは 100ベクレル/kgとなっています。


いかがですか? 世界基準に比べ日本の放射能を帯びた食品の摂取基準がいかに緩いか!がお分かりになると思います。
体に取り込まる基準量が外部被曝の放射線量で小学校で積算20ミリシーベルト(大人の基準値?)というんで親は不安になり、
文科省前のデモとなったわけです。残念ながら20ミリシーベルトという値がどれほどの値なのか 僕はまだ不勉強で分かっていません。

無知でいると、外部被曝だけが20ミリシーベルトと思い、それで済ませる方がいるかもしれませんが、
じつは 学校給食に使われる食材なども その放射線量=ベクレル量を計って、
4000ベクレルのホウレン草とか 1000ベクレルのミルクとかを見逃すことのないように、
食材もきちんと放射線量を計って それを食すならば内部被曝量として積算しなければいけないはずです。

今の日本は世界が注目する危急時です。
基準値を明確にし安全なものを定め外部・内部被曝基準を策定し、世界に公表すべき立場にあると思います。
5年後になって、我が子に甲状腺ガンが発症したとして
損害賠償を政府に求めるのが親としての正しい道か?と問えば それはないですよね。

子らの健康を克ちとり、安全安心な未来を歩ませるべく決意するのが親のはずです、
賢者なら今の今、歩むべき道の方向を定め、実践に移行していくはずです。


次のページに続く
[PR]
by sendai-isme | 2011-05-27 14:43 | 東日本大震災

さらに危険な 「内部被曝」  (下)

それから・・・

このブログを御覧の方の中には、2ヶ月前のチェーンメールを未だに信じてる方がいたりするでしょうか? 
結果、子供とボール遊びさえできなくなった親御さんがいるかもしれません。
あのチェーンメールを受け取ってその後 毎朝、風向きを気にする方が少なくとも何人かいらっしゃる・・・これは事実です。

もともと温められた地表の空気は上昇し再び地表のどこかに降りてきます。
昔「対流」を習った方なら分かっているはずなのでとやかく言いません。
風向きというのは地表でのこと、次に雨が降ったことで飯館村や福島のベクレル値が高いようです。
事故を起こした原発を中心に温められた空気は上空で冷やされて、
360度どの方向にも下降気流で流れ込んでくる・・・と認識を改めるべきです。

すわっ南風が吹いたっ、それっ仙台が危ない!! とか、、、 
再爆発したら東京人は西へ逃げろ!! とか、、、
信用できる情報源です! 大切な貴方だけに教えます! とか、、、
チェーンメールに書いてありましたが 情報の出所についてはどのメールも特定してはおりませんでした。

管理区域内において放射線業務従事者の受ける実効線量が5年間につき100ミリSvを超えず、
かつ、1年間につき50ミリSvを超えないようにしなければならない(最近 原発作業員の線量を250ミリSvに変更したようですが)


と定められていますが 一般的に 自然の放射能は1.5ミリSvほどあるといわれ、常人なら50ミリSvまでは発症率が低いとされていたりします。
ちなみに アメリカでも原発などの放射線業務従事者は年間50ミリSvとなっています。
でも そうはいっても 発癌する可能性は1ミリSvであろうが10ミリSvであろうが「ない」とは言えず 
恐れは回避するにこしたことはありません。

噂のチェーンメールを転送すること自体、北半球規模で起きている「対流」にはあまりに稚拙、無責任と思えます。
その手の噂には400キロ西方、神奈川県足柄産「茶葉」で放射性物質が検出されたことで無意味さが実証されています。
それでも、どうしても安全圏に住みたい!という人は外国に移住することを真剣に考えましょう。

現実の対処であれば 外出時の「防塵マスク」「長袖シャツ」 降雨時の「使い捨てレインコートの複数枚確保」 
食品・飲料水・料理では「収穫時期、産地表示、葉物野菜の原産地表示 加工食品の原産地表示」などに積極的に関心を持ち、

既に海外から輸入されている各種野菜の他に「中国産エボダイ開き」「オランダ産アジの開き」など、
もともと日本が得意とする海産塩干物も輸入され、国内市場に出回っていることなどに認識を示しながら 
「口から入る」という食生活そのものを真剣に考えることといたしましょう。  以上です。。。


注)RO水(純水)について
汚染された水道水を特殊フィルターを用いて 放射性物質を除去する試験検査が飯館村で実験されました。
結果は放射能物質がゼロということで テストは上々だったようです。
http://www.teraokaseiko.com/news/topics/11_3_30/index.html
このRO水(純水)を店頭にてサービスしているスーパーが仙台にもあります。
この水で煮炊き 飲料 嗜好品などに使えば体内摂取・被曝はゼロとなります。

各地の導入店舗・・・ ツルハドラッグ各店に設置されています。。

注)防塵マスクについて
アメリカ安全基準で遮蔽率95%のDS2型マスク
外気吸引に際して塵を95%をカットするDS2基準のマスクが市販されています。
先日 野蒜で配布した作業用の防塵マスクです。
使い捨てとするには300円という単価は高過ぎるのですが、
1週間に1枚を使用基準として小学生1人当たり50枚は備えて 毎日使用すべきと思っています。

アメリカ安全基準で遮蔽率85%のDS3型マスク
国産タイプの工事現場用マスクとしてホームセンターでも売られています。
これは、塗装工などが装着するマスクに似ております。

花粉症対策のマスクはお分かりのように耳にゴムをかけますが、
防塵マスクは後頭部を上下2段にゴムがグルッと囲むようにできております。
密閉性という点で断然の違いがあります。

注)ベクレルとシーベルト
ベクレルは 放射線をだす物質の放射能の強さを表す単位 キュリーも強さの単位
シーベルトは 放射能の影響を受ける人体側の被曝線量を測る単位

注)オープンカー 二輪車 オープン走行などについて
これだけ論じても、オープンで走りたい バイクを飛ばしたい 俺だけは別物という方 いますよね?
特にフロントスクリーンをはずしている方、走行後、耳に黒いススが付着し、髪もパキパキになった経験があろうかと思います。
さらに雨中走行は避けることです。雨は・・・大気の水分が「塵」を核として水滴になったものです これが雨の原理です。

いずれ結果は自分で招くわけですが、、、ここ数年の間はオープンで乗らない 乗るにしても遠出はしない 
さらに「我が子は乗せない」を最低限に留めます。
ガンの発症率を知りながらタバコを吸うようなものですが、5年後以降に甲状腺癌の発症を避けるためにも 
日々の内外被曝、放射線量積算には関心を持ってお過ごしください。


不勉強で書き換えを繰り返しているうちに論旨も定まってきました。この辺で校了とします。
他に意見あれば 追加・訂正してまいりたいと思います。

f0081398_1937222.jpg

[PR]
by sendai-isme | 2011-05-26 10:31 | 東日本大震災

レスキュー

f0081398_17581444.jpg
幼い頃にあこがれたスーパーカー
写真でしかみたことのない車達
いつしか出会いたい
そんな日を夢見ていた

そして
その夢は「今」現実となった
それは・・・
イッズ・ミー

車好きが集まるミーティング
様々な国籍、多彩な車種
年代を超え
オーナー達が分け隔て無く付き合える

何故だろう
不思議だよね

MINI、VW、GINETTA、ALFAROMEO
PORSCHE、FERRARI、TVR、LOTUS
RENAURT、ALPINE
SUPER7、MG、AUSTIN HEALEY 、MELCEDES BENZ
LANCIA、JAGUAR、PEUGEOT、DETOMASO
SAAB、MITUOKA、OPEL、CETROEN
AMG、ALPINA、FORD、DMC
SUZUKI、HONDA、TOYOTA、ISUZU、
DAIHATU、NISSAN、MITUBISHI、MAZDA

みんな泉ヶ岳を登ってきた
仲間達に会う為に

そうか・・・
難しく考えることなど無いんだ
僕らは純粋に車が好き
ただ、それだけなんだ

あの車が一番良い、
あそこの車はだめだ
なんて、そんなことはどうでもいい
論じることが馬鹿らしくなる

カーキチ達がソコにいる
それで十分だ
これでまた行く言い訳を一つ見つけた
・・・・・
・・・

天候・・・雨でも開催
開催日・・・毎月第2日曜開催(時刻・・・10:00~13:00)

イッズ・ミー 人がつながるね!

----------------------------------

8年ほど昔、アルファ乗りのジュンちゃんが書いたイッズミー案内文が・・・
ネットに残っていた さっそく レスキューしてみた。
[PR]
by sendai-isme | 2011-05-24 17:06 | 東日本大震災

宮城や岩手と異質・・・その福島に思う

思うのだが・・・ まだ仙台だから、まだ宮城だから・・・と ひとまず思うのだが・・・
未だに復興という言葉を使えない地域もあることを 忘れないでもらいたい。

仙台に住んでいるから、近隣「支援」も我が身のこととして同列視できる。
さらに 第1ステップ(仮設住宅)のエンドが見えているし、再起も限定的だが具体的に展望もできる。
被災者であっても「やりがい」が可視できるようになった、これが平均的な現在の心情だろう。
もっとも未だに水道が通らない場所もあるのだが。。。

では 福島はどうか・・・? 被曝の積算が高まるばかりの土地に暮らしているのだから
何といったらいいのか・・・? 「支援」が「支援」の意味をなさない。まるで展望がない。
f0081398_1594574.jpg

数日前 東電はまた嘘をついた。2カ月以上たってメルトダウンを認める発言。
当初からメルトダウンの可能性を論議したのに 図解を示しながら「そこまで進んでいない」と言い放ったのは東電社員だったが。
今になってそれを発見したかのように論じている、違うのは言葉だけ。ふざけるな!と言いたい。

まるで伸るか反るかの「ゲーム感覚」な言葉づかいだ。圧力隔壁に数センチ程度の穴?数個? 見てきたようなウソをつくな!
被害はもっと甚大なはずだ。東電社員に現実の被災地の暮らし向きや、将来の展望など全く考えられていない。
覚えておくがいい、君らがその場しのぎで嘘をつくたびに住民の怒りはその濃度を増すということを。

会社の世間体と自分たちのメンツや保身のためなら、配信ニュースに気ごころを加えてもいいのか?
さらに 東電側の隠した嘘に釉薬を掛けているだけなら・・・政治家も同列であり信用できない。
不安だけが残るような政治であってはいけない。

原発政策自体を廃止縮小方向で見直すべきだ。第2第3の事故を招かぬためにも この事故だけに注力できる体制が必要だ。
いまこそ与党も野党も 政局を気にせぬ真の政治を為してほしい。ただし小沢派にとって事故は政局に関わる別物のようだが 笑止!

自民党は12日午後、やっと原発事故に関して自党の責任について言及した。
総裁も政調会長も「自民党政権下で日本のエネルギー政策を推進してきた我々も責任を負っている」と述べ、
原発を進めた同党にも責任があると認めた。何をいまさら空々しい。

政権与党を追求するに我が身に矛盾が内在しては攻めきれないと判断したからであろうが、
「過去のエネルギー政策に盲点あり!」と今さら大見出しを付けて宣言しても、
既に54基もの利権を食い散らかした後とあっては それこそ後の祭りだ。

自民党への献金は1ダースもいる東電役員ら皆一様に20~30万以内の個人献金額だが、
トータルすれば毎年500万以上だそうで、これは企業献金とみなされても仕方のない数字だ。
かつて政権党として、自民党と東電との癒着は献金ばかりではない。

東電の利益は株主に配当され、東電社員の給料、福利厚生に使われ、老後の安定生活をも保証した高額年金に化ける。
しかし、その利益の源となる電気料金の策定には自民党が許認可の指導をしてきたのではなかったか。
社員4万人弱の平均年収700万円以上、役員19人の平均報酬3,700万円。役員報酬全額放棄、
社宅料などはそのままで社員の平均年収500万円上限に削減できるでしょう。
そんな東京電力に入社した今年の新入社員、入社式までに辞退者がいなかったということだが・・・、
倒産するかもしれない東電に入社するとは・・・状況判断がすこぶる悪い としかいいようがないエリートの玉子たちだ。

さて・・・ これは福島だけの問題じゃない。関東 いずれ仙台だって、いや全国であっても「足柄山」と同じ環境の土地があるかもしれない。
まだまだ測定すれば出てくるはずだ。近海においては、どの海域であっても垂れ流した放射性物質は発見されるはず。

それは農畜産物も海水産物も同様に福島だけの問題ではないはずだ。
日本という国を潰し 安全神話を唱え国民を裏切った原発推進派は皆、政治の世界から消え去るべきだ。それが責任のとり方というものだ。

それにしても・・・仙台市は何故モニタリングしないのか。東北電力のモニターに頼ったまま、市としての独自性が全く展開されない。
その東北電力は東京電力同様に原発開発の利権者なのに・・・その彼らのモニターに頼るとは 一体何を意味してるのか? 
無為無策は先々何をもたらすのか? 

市民を護る、市民の不安を取り除くのは地方政治の原点ではなかったか? 
市長として本当にこれでいいのか? 「無能者」と指呼されないよう 市民に向かって明確な答えを示すべきではないのか。



--------------------------------

地元の河北新報紙に 奥山仙台市長批判の声が載ってしまった。
5月16日 夕刊記事である。

宮城知事・南三陸町長 アピールの陰で…
仙台市長、かすむ存在感


 東日本大震災の発生以降、仙台市の奥山恵美子市長の存在感がかすんでいる。マスメディアを活用し、窮状や要望を切実に訴える佐藤仁宮城県南三陸町長や村井嘉浩同県知事に比べ、「動きが見えない」との声は少なくない。被災地最大の基礎自治体のリーダーとして、一挙手一投足に注目が集まるだけに「もっと積極的にアピールしてほしい」との意見は根強い。

◎会見は週1震災前に戻る/「発信弱い」批判も

 奥山市長の指示や生の情報が飛び交う災害対策本部の様子が報道機関に全面公開されたのは、大震災発生から3日後の3月14日だった。市長の記者会見が再開されたのは3月21日。週に2回開いた時期もあったが、現在は震災前と同じ週1回のペースに戻った。

 南三陸町の佐藤町長は町全体が壊滅的な被害に遭って混迷する中でも、3月13日から4月30日まで毎日、記者会見に臨み、全国に支援を訴えた。
 村井知事は災害対策税や水産業復興特区の創設など、賛否が分かれることを承知の上で、復興に向けたアイデアを矢継ぎ早に打ち出し、県内外で議論を喚起している。

 奥山市長も震災以来、被災地の視察をはじめ、県市長会長として国への要望活動、国内外から来仙した要人の応対などに追われたが、庁内からも物足りなさを指摘する声が漏れる。
 ある市幹部は「常に県に先行された感がある。市長は弁が立つのだから節目節目で市民に強いメッセージを打ち出してほしい」と話す。

 市議会の与党会派からも「リーダーシップをフルに発揮し、率先した情報提供を心掛け、市民の安心感の醸成に努めてほしい」と注文がついた。ベテラン市議は「失敗を恐れる職員の考え方から脱皮できていない。国に政策を提言し、実現を働き掛けることは、むしろこれからが重要だ」と挽回を期待する。
 「非常時にこそ、市民の役に立ちたい」と語る奥山市長。政治家としての底力が問われている。


2011年05月16日月曜日
[PR]
by sendai-isme | 2011-05-17 23:52 | 東日本大震災

イッズミー お疲れ様でした

f0081398_22165265.jpg
今日は 途中で雨さえ降らなければ いつもの のんびりイッズミーとなったはずなのですが、
11時半を回ってから急に冷たい風が吹き 雷が鳴り 雨が12時半ごろまで降るという不安定な天気でした。

今回はたくさん参加者が集まりましたね~、これでやっと震災から吹っ切れたかな? 
家を失くした人 親や縁戚を亡くした人 避難所暮らしの仲間たちが顔を出し 
いつものイッズミーの姿に戻り始めた感が強かったと思います。
これに石巻地区や蒲生地区のメンバーが参加できる環境になれば 
イッズミーの団結力が名実ともに結実しそうです。
9月には以前同等の趨勢に復活できそうですね。みんな元気出していこう!

皆さんにお願いした「Tシャツ」は なんと、「293枚」となりました。
300枚になんなんとする枚数が集まりました。結果、1人に2枚配布できました。
ありがとうございます。次回6月も 夏服を集めますので宜しくお願いします。
付け加えますが ほとんどが新品でした。出費させてしまって申し訳ないです。

避難所年齢層は50歳台を中心にプラスマイナス10歳ずつの年齢層の方が暮らしています。
赤いTシャツもあれば 黄色いTシャツなどもあったりして、一種の「若返り」に避難所では歓声が上がりました。
そうなんです、冬物は山ほど積まれているのに夏物がほとんどない これが現実です、
助かりました。おまけに Hanesや UNIQLOの下着などもあり非常に助かりました。

義援金は 43,650円でした。明日 日赤義援金窓口にに郵便振り込みいたします。
f0081398_2135693.jpg

今回はイチゴパックが各避難所に何とか4パックずつ牛乳や練乳とともに配布できました。
おまけに山形のサクランボも集荷されました・・・これらの品目に避難所の皆さんは驚かれたようです(^-^;;。

もともと イチゴは傷みやすいので我々の支援物資に加味されること自体が難しいし
当日配布でないと無理な食品です。だから どの支援者もなかなか手を出せないものの一つです。
再び 三河屋御用聞きスタイルで次回配布に際しても呼び掛けいたしますので このブログに注目ヨロシクです。

「うちの畑でとれた朝どり野菜を持ってきましたぁ~」
という若者もいて、、、
「スーパーバッグに詰められたままのホウレンソウ」とかも持ち寄り戴いて、、、頼もしく思えました。
お蔭さまで青果物の集荷は段ボール2個分になりました。

1避難所分の賄いができる量が集まり、松島東部地域交流センターに配布いたしました。 

そこでの仕分け作業中に、、、なんと「五能線」を唄っている歌手の「水森かおり」さんが
避難所慰問に訪れていて 偶然にお会いしました。優しそうなお方でした、ラッキー!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110509-00000318-oric-musi.view-000

魚の干物は 昨日のうちに150食分(アジの開き ホッケの開きなど) 配布できました。
松崎さん、誉田さん お二人のお力で貴重なタンパク源を確保しております。

化粧品は近藤さん(奥様)や、酒田のミニ乗りさんなどから、化粧水 乳液 コットンなどが
持ち寄られ、横浜の安室さんからの資生堂やカネボウ化粧品のサンプルを大量に戴きましたので、
4箇所の避難所に充分に分配できました。

次回ですが、実際に物資は充分なようなので、特に「夏野菜」と「イチゴ」などに基本品目を限定しようか?と思っております。
f0081398_23373550.jpg

仮設住宅も東松島市は 需要分1900戸分を確保できたそうで、完成が待ち遠しいです。 
東松島市職員の話によれば8月末には全員入居できるそうです。ほんと良かったですね。

おまけに愛知県瀬戸市からお茶碗・皿などが全戸に配布されることが決定したそうです。
冷蔵庫 エアコン テレビ 洗濯機 給湯器 掃除機などが全戸完備で布団もセットで家族全員分が供給されるようです。
その上での入居となるので、僕らの支援活動は9月までで終われそうです。

問題は秋物衣料ですが 支援者の懐にも響きそうなお値段もしますので・・・無理にとは言いきれません。
そこは義援金として集約した方がいいのかな?・・・少し思案させてください


義援金は11月まで呼び掛けますので 飽きずに「義援金貯金」してくださいね(^-^;;

南相馬市の職員であるK君が参加しました。現在、避難所対応の職員として宮城県丸森町の避難所に常勤中とのことでした。
聞けば、、、原発被害区域20キロ~30キロ圏内 30キロ圏外など4パターンに分断され、南相馬市としての行政方針が通らず、今や崩壊状態ということでした。

彼は「義援金」の考え方に僕と同調の意見をお持ちでした。
福島でも 岩手でも 青森でも 茨木でも 千葉でも・・・宮城県同様に義援金が配分される、
そのことで 福島の原発避難民にも義援金が回る。宮城県だけが良ければいい、
といったエゴイスティックな心理が働かないように自制もできるので 
支援を戴いている立場としては「義援金」の考え方は良いと思う とのことでした。
f0081398_21385644.jpg
 

440さん こんばんわ。

どこへ行っても どんな時でも 義援金募金はそちこちで見受けられます。
おそらく皆さん 街頭や職場、そちこちで募金なさっているのではないでしょうか?

イッズミーは車繋がりでの自由な集まりなので、あちこちに楽しい局面が転がっている反面、
呼び掛け人の掛け声一つで大きく質が変わるような単純なものでもありません。
色々な考えの方が集まっていることを認めつつ成り立ってる車オーナーの集団です。
一括りで語れるようなものでもありませんし(^-^;; イッズミーを呼びかけた本人に言わせれば
8年間を経て今なお「難しい集まり」です(笑)

野菜、果物、魚の開き、今回はTシャツを買って、化粧品も買って参加、、、ということで
形は違っても出費を乞うているのは呼びかけた私の方でして、その点申し訳ないなぁ と思っております。

全ての人が少しずつ持ち寄る、全ての人が毎回1000円ほどを募金する・・・この考え方が普及すれば 
特定個人の負担だけ重くならずに 皆が軽い負担で支援を継続できます。
イッズミーは支援団体としても、人間集団としても醸成され、みんなで合格ラインを越えるとも思えます。
f0081398_6563425.jpg

ところで最近 耳にする言葉で「共助(きょうじょ)」という言葉があります。
若者の多くはこの「共助の精神」を身につけているそうです。
阪神大震災以降、常識になっていると先日テレビで拝見しました、「新しくて、潔い」感覚ですね。 

普通の人が普通にボランティア活動に参加しているんですね。
一昔前は活動家っぽい人が それなりの出で立ちやスピリットで参加していたものですが、今の若者はそうじゃないようです。
今日も兵庫県舞子高校の生徒さんたちが授業の一環で、全校生1週間交代でバスに乗ってやってきて 
普通にボランティア活動に参加している という話を松島東部地区避難所で聞かされショックを受けました。

自分たちで煮炊きし 合宿感覚で 朝早くから東松島地区に出向いて後片付けをしている・・・
これが今の若者感覚なんですね。何の衒いや疑問もなくボランティア活動に参加するって、
息子・娘たちの世代にとっては極めて普通の感情であり、常識のようです。
さすがに環境防災学科が新設された学校は違いますね。

僕ら40歳以上の世代は、「自分さえよければ良い」「個人主義」「勝組&負組」などの人生観などが蔓延してるようで(^-^;; 、
この「共助」の話を聞いてからは恥ずかしくなります。車が趣味の我々はある意味世間から白い目で見られがち、学ぶべき根拠は大いにありそうです。

今の若者が大人になる頃、小泉政権時代に大手を振った「勝組・負組」の人生観は淘汰されることでしょうし、
かつての「共存共栄」世代や 現代の「Win-Win」経済一辺倒世代に成り代わり 
エコな「共助」世代が台頭することで日本も欧米並みの「人間主義」へと変わってゆくんだろうなと思いました。
f0081398_233048.jpg

というわけで 募金の額面は前月と比べても、参加台数の割合いに比してもまあ 少ないわけですが、、、
でも 「300枚」というTシャツが集まったってことはまだまだイッズミーも捨てたもんじゃないなぁ とも思いましたよ(^-^;; 

記名/無記名については 任意の「善意」ですので さらに善意に記名はないだろうと・・・それが私の答えです。
それに毎回、来場するたびに1000円もカンパするってそうそうできることではありませんよね。 
咽もと過ぎればなんとやら・・形骸化しないよう お互いに支援の炎を灯してまいりましょう。

難問へのコメントを戴きまして心から感謝します ありがとうございました。
[PR]
by sendai-isme | 2011-05-08 18:52 | 2011 クロニクル

人災。 原発事故の罪の重さ

第66回 仙台・泉ヶ岳ミーティング

 期日 5月8日 10:00~13:00ぐらい
 場所 泉ヶ岳スキー場 大駐車場

f0081398_19144121.jpg


騙されてはいけない。。。

一昨日 福島 飯館村で東京電力の副社長が、 「人災」と初めて踏み込んだ謝罪をした。でも 東京電力ばかりが犯罪者ではない。

もともと日本の原発は自民党、特に中曽根康弘元総理が推進したのではなかったか? 原発は自民党が推進してきた。「電力と権益」問題が根深く絡んでいる。「造れば儲かる」「地元は潤う」と言われ 「箱もの推進」の自民党政治と同調し、「首都圏外し」の安全神話が語られ続け 矛盾だらけと指摘されながら54基も造り続けられた。

東北電力は隠しているが作業中に女川原子炉内にパーツを落とした大事故予備歴があったではないか? 高速増殖炉「もんじゅ」事故問題は ほとぼり冷めたか? 11基もの美浜・高浜原発群。若狭湾にずらり並んだそのわけは・・・年間180億円が関西電力から交付されるからでしょう?グラウンドを4個も造ってどうするの 町長さん? 東海地震問題に揺れる浜岡原発は もっとも脚光を浴びているのに中部電力は無音のまま どうするつもりか?

原子炉を1年運転すると、長崎型原爆が1万発作れるほどのプルトニウムが生まれる事実を隠し、広島型原爆の4万発分の核分裂生成物(死の灰)がつくられると言われる事実もひた隠す。僕も知らなかったが 今原発を止めたとしてもプルトニウムを最終処理しない限り、核は永遠に消滅しないとのこと。六ヶ所村が引き受けてくれてるが 果たしてそれさえも安全とは言えない。

これら「人工放射能」が年々蓄積され 一旦事故が起きれば・・・などと、事実を隠された国民には想像がつかない。安全神話を作るのも人間、それを止めるのも人間、だから・・・原発事故は「人災」問題なのだ。

問題点に蓋をしたまま、営業運転を続ける真意は何なのだ?片方で廃炉を指示し 一方では運転を続ける・・・そういった姿勢が国民に信用されない根本問題なのではないか? 事故が起きたのは未曾有の津波のせいなのか?それで済ませるつもりだから「全国一律運転停止・外部電源見直し基準設定」にはならないのだろう。各電力会社の足並みはバラバラだ。

どうなんだ 東京電力? 原発推進派の責任は全くないのか 自民党? 

この問題には御用学者の存在も重要だ。小佐古氏をはじめ、時の政府の原発推進派・御用学者たちだ。先日 内閣の参与を辞めた小佐古氏は記者会見で涙を流したらしいが・・・なんの為に流した涙だったんだろうか?実に不思議である。 

なぜなら 実に彼こそは原発推進の第一の立役者「御用学者」だったのである。今更 国民に謝る学者様でもあるまい。高貴な持論が否定されたからといって子供のように泣きじゃくるのは何故?

5mSvであるべきが20mSvになったからといって悔しがる理由はないだろう 不思議である。涙を流すなら 持論(安全神話)の崩壊を認め 国民に謝罪してからにしてくれないかっ みっともない!

おそらく辞めたのではなく、内閣参与職を「追放」になったのだろう。この期に及んで持論を頑なに展開し辞めざるを得なかったのだろう。なぜなら彼の安全論は空論にすぎなかったわけだから。さらにその安全神話論で「安全対策が数10年と為されなかったこと」にも問題があるからだ。今さら学者がクビになったからといって事態が好転するわけでもない、犯罪者の涙に同情は止めよう。理想論者が一人減っただけだ。

小佐古氏たち御用学者は罪の深さでいえば 東京電力、推進政治家と同罪だ。とりまく受益団体、東芝・日立などの建造企業なども同罪と僕は思う。騙し続けた人生 始末は自分でつけなさい。

原発事故は人災問題の元凶なのだ・・・ここが非常に切ない 怒りたくとも今日も運転しているという事実があるからだ。菅政権がどうのこうのと矢面に立つ場面が多いが 原発を推進してきたのは もともと自民党なのである。問題解決するまで、自民党のあなた方は福島に居住すべきだ。裏金が争点になった胆沢ダム権益問題の小沢議員、旧自民党の貴方もだ。胆沢ダムの水力発電化に賄賂金を使っては貰えないだろうか? 

地元民の声を聞いて、実際の対応策、その緊急さ・重大さを知って各種検討・対応をすべきだと思う。そうすれば 30キロ圏外の福島県民とだって対等に話ができる、安全地帯に自分を置いてアレコレ言うな!、実際に福島に住んでみて、どんな思いが生まれるのか を体験共有すべき。

ましてや ボーナス返納 役員報酬の減額がきついっ!などと 漏らすんじゃない!(役員報酬を半減しても平均で2千万円超?とんでもないっ)。「安全」宣伝に年間2000億円を費やし地元民を洗脳し、国家を冒涜する。トヨタの広告費のなんと4倍が費やされる、その企業トップが何を言うか!? 

君らの罪で被災者の生活はスッ飛んでいるんだ 役員報酬をゼロにしてでも「弁済」に回しなさい! 電力社員たちの高給年収のために、被災者は塩を舐めて暮らせ とでもいうのか? 

一体全体、自分らの罪の重さを何と考えているんだ? どう捉えているんだ? 
語れるものなら聴かせてほしい。
f0081398_22515437.jpg

仙台市も「線量計」を各公共機関・各学校に設置し、一日当たりの放射線量を計り、市民に被曝量を通知すべきである。
f0081398_20553937.jpg
敦賀原発で微量の放射性物質漏えい
 日本原子力発電は9日、1次冷却水の放射性物質濃度が上昇したため手動停止した敦賀原発2号機(福井県敦賀市)で、排気筒から微量の放射性ガスが外部に漏れるトラブルがあったと発表した。周辺環境への影響はないという。

 日本原電によると、冷却水の放射性物質濃度を低減させる作業を行っていた8日午後、原子炉建屋などからの排気を監視する放射線モニターの数値がわずかに上昇した。

 作業を中断し、関係する機器や配管の弁を閉じたところ、間もなく数値は通常値に戻った。作業系統の一部で放射性物質を含むガスが漏れたのが原因とみられ、日本原電が詳しく調べている。
[PR]
by sendai-isme | 2011-05-04 22:45 | 東日本大震災

66回 仙台・泉ヶ岳ミーティング 開催します

f0081398_19105344.jpg

第66回 仙台・泉ヶ岳ミーティング

 期日 5月8日 10:00~13:00ぐらい
 場所 泉ヶ岳スキー場 大駐車場


ボランティアの方々が泉ヶ岳スキー場にてテント宿泊を続けています。
彼らの邪魔にならぬように駐車し 顔合わせをしましょう。
ボランティア活動に参加された方の体験情報などがあればお知らせください。

なお、イッズミー会場にて団結テントを今月も設置しています。
支援食糧 支援物資 支援夏物衣料 義援金などを受付けております。

5月のボランティア活動について

★Tシャツを送ろう 
5/1現在 138枚(女性物31枚含む)が集約できました。
ありがとう! あと62枚!!

着古しではない、ヨレヨレでもない、清潔感第一! 未着用大歓迎!
洗濯し、アイロンを掛け、誠意を込めた夏用衣類を集めています。

集約方法:5月イッズミーにお持込みください。

★魚の干物を送ろう
これが重要です。 
アジ開き キチジ開き カレイ一夜干し サバ一夜干し めざし キス連刺し 

集約方法:金曜日夕刻に到着するよう「期日指定クール便」で高橋宛にお送りください。

★生鮮野菜を集荷しよう
イッズミーに葉物野菜を持ち寄り、集荷野菜を段ボールに詰めましょう
ピーマン1袋 シイタケ1パック ホウレンソウ1束 キャベツ ニンジン もやし ・・・全部集めれば相当の量になるはず、あとは・・・届けるだけ。お手伝いください。

集約方法:5月イッズミーにお持込みください。

★「いちご」パックを集めよう
イチゴを集めて 避難所のお年寄りに食べてもらおう・・・という企画です
イチゴ 牛乳 練乳をセットで集めようと思っています

集約方法:5月イッズミーにお持込みください。

★女性化粧品のリクエスト
化粧水 乳液 パフ コットン スキンケア ハンドクリーム・・・など
奥さんに相談してお持ち寄りください。品物がダブっても問題なし。

★イッズミーでカンパを集めよう
毎月8万円ほどを集約し 年間100万ほどを日本赤十字社に贈る「通年運動」です。 

集約方法:イッズミー会場のカンパ箱にて集めています。

f0081398_18531186.jpg

アルピーヌ310さんのアドバイスについて
Commented by アルピーヌ310 at 2011-05-03 22:18 x
支援活動お疲れさまです。岩手ではチャリティーカーミーティングを今月22日に計画しています。イッズミーのカンパですが赤十字やユネスコに寄付しても、同グループの活動資金や役員報酬に一部は化けていますよ。ならば、集まった資金は、イッズミーの活動資金として宮城県内の支援物資調達資金に全額回した方が懸命に思われます。私たちのグループも、そのような仕方で岩手の沿岸部や気仙沼市に物資を運搬しています


-----------------------------------------------------------------------
私(もときち)の選択ですが・・・

最初にまず、私は支援活動に入る前に 義援金先と支援金先とを調べました。
ユニセフ・・・国際ユニセフではなく、日本ユニセフの場合は20%が内部留保と役員報酬分のようで、義援金拠出は80%と聞きましたので即除外しました。たとえば黒柳哲子さんが「自分の口座に振り込んで!」とお願いしているのには背景にそういう事情があるからだと思います。

ユネスコ・・・日本ユネスコについては調べていません。

日本赤十字社・・・口座を「東北関東大震災義援金」宛で振込ますと 100%義援金として届けられます。皆さん方も日赤のホームページを開き 赤十字運動の成り立ち・歴史をしり その上で義援金の仕組みを確認し 誤解のないよう ご理解くださいね。


日本赤十字社ですが・・・ 
歴史的にその存在を見てゆかないと「日赤義援金」の本質が見えてこないこともあろうかと思われます。日本赤十字社のような国際的組織の奉仕性・献身性・必要性は認めるべきで、病院運営、看護師養成、国際紛争地への医師団派遣など、長年の人道支援は認められるべきと思っています。その奉仕の精神があるからこそ今回の東日本大震災義援金集約窓口が存在するのだと思います。今回の日本赤十字社の義援金振込窓口は「東北関東大震災義援金」です。他の活動に義援金が回されることはありません。町内会で集める年末助け合いも含め、これまで納付歴30年以上(笑)の私ですが、義援金として納付することに殊更に異は唱えずとしました。
4月28日現在の日赤義援金は:209万2,346件 1,662億4,363万4,497円 公表額面

支援金と義援金との違い・・・
支援金・・・ボランティア活動の活動資金としても使われる「支援金」の考え方に個人的には賛成しております。今後の選択肢と思いました。
義援金・・・災害時に各地各ネットワークで義援金を集めますが最終的に一本化されます、仮にですが国際赤十字の思想で統一したとしても納付先として問題はないと判断しております。

今後の支援活動の課題ですが・・・
支援物資調達のために集約カンパ金を回すのではなく、仮設住宅移転に伴う生活再建資金として義援金募金に我々の考え方も一本化していったほうが 今後の支援活動として有効ではないかと思っております。食糧・衣料などの物資支援は9月までの半年で終息させ それ以降は生活再建(資金)支援に一本化すべきと考えております。

いよいよ「足長おじさん」の出番ですね。それは国民一人一人が「足長おじさん」になることをも意味します。つまり震災や原発人災事故による被害への支援、復興のために国民一人一人が積極的に目的税を納め、援助や復興支援に参加するという方法もあろうかと思われます。以上です。

先日のチョコレートの話は素敵でしたね。岩手の活動 頑張ってください。
車好きとして互いに協力してゆきましょう。ご案内ありがとうございます。

[PR]
by sendai-isme | 2011-05-03 19:15 | 2011 クロニクル