仙台 ・ 泉ヶ岳ミーティング chronicle

<   2011年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「カモ井のリボンハイトリ」

f0081398_23311282.jpg


みなさん こんにちわ。。。気温も連続的に暑くなる時期になりましたね。
そんな折に 「野蒜地区」に「カモ井のハエトリリボン」を配布しておりましたが
今日 東松島市災害ボランティアセンターから それの「配布依頼」を受けました。

今度の土曜日に 東松島市ボランティアセンターにお届けしてきますが
ついでに といっては失礼ですが その他の地区ではどんなハエ発生状況でしょうか?

聞き取り調査した結果をお聞かせください。人体無害のハエトリリボンです。
気仙沼、女川、石巻の情報があればお聞かせください。

カモ井加工紙㈱の社長さんからは 毎月食糧支援も戴いておりますが
この商品名「リボンハイトリ」が活躍する場がきっとくる・・・というわけで
東松島野蒜地区には相当量を 6月初めにご支援いただきました。
他地区にも要請があれば応援できると思います。宜しくお願いいたします。

---- 東松島市災害ボランティアセンターから メールを戴きました ---------------------

ヒストリックカークラブ仙台
高橋様

お世話になっております。

以前、お話をいただきましたハエ取りリボンご提供の件、
まだ在庫が残っておりますでしょうか?

当地でもハエの数が増えており、
虫除け等では対処が追いつかない状況です。

ボランティアセンター本部や出張所に配置する程度なので、
大量には必要ないのですが、在庫がありましたら、
お送りいただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

東松島市災害ボランティアセンター
〒981-0503 東松島市矢本字大溜9-1
本間(090-xxxx-xxxx)

[PR]
by sendai-isme | 2011-06-30 23:24 | 東日本大震災

世の中には こんな親父もいる

「非指定避難所」奮闘 仙台・高砂市民センター避難所が閉所

東日本大震災で仙台市高砂市民センター(宮城野区)に置かれた避難所が28日、閉所した。
正式な避難所でなかったにもかかわらず、一時1200人以上を受け入れた施設は、
避難していた住民に感謝されながら、その役目を終えた。

「仙台で唯一、行政の運営でない避難所だったが、皆さんを命懸けで守るという当初の約束は守れた気がする」。
28日夜、施設を管理する仙台ひと・まち交流財団の職員で館長の浅見健一さん(63)は
集まった約60人に向き合い、涙を見せた。 
震災から110日目の閉所式。浅見さんらセンターの職員に感謝の気持ちを示そうと、
一時身を寄せた被災者が花束や千羽鶴を持ち寄った。

センターには、震災発生直後から蒲生や高砂地区などの被災者が押し寄せた。
ピークだった15日には1227人を数え、440人収容の施設の廊下や階段は雑魚寝する人であふれた。
食料の備蓄はわずかで、震災当日に宮城野区に食料の支援を求めた。
しかし、指定避難所でないことを理由に断られた。このことが元消防局職員の浅見さんを奮い立たせた。
「助けを求める人がいるのに指定も非指定もない」。

行政に頼らないことを決め、近隣の企業などに支援を求めた。菓子パン、缶詰、毛布などが次々と集まった。
電気、水道は復旧していなかったものの、避難した住民は震災翌日から1日3食取れるようになっていた。

浅見さんは若林区の自宅に帰らず働き続け、一時は疲労で体重が12キロ余り落ちた。
「施設の指定管理者としての意地。住民を守りきるか、自分が倒れるかだと思っていた」と振り返る。
「支援せずに申し訳なかった」。3月下旬、市幹部がセンターを訪れ、頭を下げた。
センターは4月から正式な避難所となり、近くの避難所にいた被災者も受け入れるようになった。 

「いろいろあったが、被災者が穏やかに生活を送れたのは館長あってこそ」と避難所のリーダーだった
内海達夫さん(45)=宮城野区=。「感謝しても感謝しきれない」と最後に浅見さんをねぎらった。

河北新報 夕刊 2011年06月29日水曜日 避難所 仙台ひと・まち交流財団
f0081398_1833698.jpg

[PR]
by sendai-isme | 2011-06-29 18:11 | 東日本大震災

流行語?  「何をしたらいいのか・・・わからない」

f0081398_19191062.jpg


ここから先は ブロガーとしての意見だ。。。

イッズミーは 安息の場ではない。
「横のつながり」を 真面目に考える場だ。

今や どこを向いても 支援の旗は振られている。
メンドイ・・・って、それに目をそらし 
そこから「逃げ込む場」ではない。


愛車を並べ 仲間と談笑するだけなら、
どこかの「ファミレス」に行ったほうがいい。。。

家族を亡くし 家を流された仲間が数名いるのに
車も流され ここに来れない仲間が数多くいる ってのに

自分だけ楽しければいい って? 支援、支援ってうるさいか?
そりゃないだろ! 
 
次・・・

「何をしたらいいのか・・・ わからない」
最近 よくテレビで耳にするけど・・・ 

それは 真剣に考えてない という証拠だ! 
大人なら 恥ずかしいと思った方がいい。

何も出来なかったら 知恵を出しなさい 
力があるなら 汗を出しなさい
それでも分からなかったら お金を出しなさい。。。

考えれば分かることなのに 行動を起こさない人ほど、吐きがちな言葉
 
「何をしたらいいのか・・・」と簡単に口に出せないほど 
課題を鮮明にして差し上げますか?^ー^;;

「イッズミーに 野菜を 持ち寄る!」 「イッズミーで カンパ する!」
それが「支援と直結」するのだ。

特に、新規参加者に呼びかけます・・・

愛車の自慢話に花を咲かせたら、
「支援の花」も咲かせてやってはくれないか

車の集まりだけど 「共助の精神」も併せ持っている・・・
そんなイッズミーであってほしい。 

僕らも被災者だったけど、、、もう被災者ではない!
新規参加の皆さん 支援に協力してくれないか。

じつに今日、再会を喜び 笑顔の話し合いがあって、良かったなぁ と。

さらに今日、震災を乗り越えた君が 
支援者として姿を変えてゆく これが大事 と。

ゆくゆく明日、野菜を届けてくれた君の笑顔が 
被災者にも届くように と。

秋には野蒜地区で「いも煮会」を開きたい!
そんな提案が山形グループからあるといいなぁ 高梨さん(笑)、

秋田のショッツル鍋 きりたんぽ鍋もいいね 
味噌醤油のヤマモさんいかが? 良い企画お待ちしてます m(__)m


石巻の仲間が参加してくれた。 
彼らは 津波の翌日には復旧に奮闘してたらしい。
じつに僕の予想通りだった。
だからなおさら 彼らには負けられない。 

あとは蒲生地区だな・・・。
[PR]
by sendai-isme | 2011-06-28 08:30 | 東日本大震災

罹災証明書での高速無料化について

f0081398_2155453.jpg

今夏の高速道路料金改定ですが・・・

この策は 「被災者・被災地」支援 復興という名を借りながら・・・、
「罹災証明書」を持ってる方や、東北に来る観光バスやトラックが今改定の対象だというんですね。
しかも渋滞の原因となる「料金所提示方式」なんですね。

なんか 僕は腑に落ちないのです、、、と言いながら じつは この証明書を申請してきました。
利用目的は明確です。今後、被災地支援で高速道路を使うときに利用しようと思っております。

まあ 今までは小額なので気にもせず、自費での被災地通いでした(片道600円ほど)、当たり前ですが。 
でも 遠くから被災地のために わざわざ数万円もかけ、支援ボランティアに参加している人たちを見ていると頭が下がる思いで、
月一の支援でさえ申訳ないと思うし、自粛ムードを断ち切るべく趣味の車で遊ぶことは公然と抗弁できないとも思えてきます。

同じ東北に住んでいても「温度差」を感ぜざるを得ない点もあります。
現実は「旧車イベント」など考えられず、失われた日常は感情を悪化させ、他地区と相容れぬものがあります。
また太平洋沿岸各地と比べれば、日本海側は「原発」「復旧・復興」「避難・仮設」なる観点がまるでありません。

同情はしても、「被害がない」「直接関係ない」「精神的に安定している」というのが山形・秋田の県民感情でしょう。
逆に、中越地震や神戸震災の被災地の方々からは同情とご支援を戴いているというのが事実で、
北海道から小型漁船が90艘も贈られた話などを聞けば このギャップがとても不思議に思えます。

この「感情の違い」「所得レベル」「復興を克ちえた地域の経験」等を参考に「経済特区」の策を打ち出して戴きたい。 

政策面での問題点は
①経済復興を考える時、「罹災証明書の有無」やそれ自体の「策」が正解なのか?
  家を、車を流されても自力復活ができる財力のある世帯であれば問題もありませんが
  現実は罹災証明書を行使できる状態にない、車が買えない世帯には「救済策」にもならないと思います。
②被災者救済は当たり前にしても「高速道路無料化」自体が今後、増税との引換えになるのでは?
・・・という2点が問題で、その結果に至るとなれば!? 「本末転倒」の策になると思います。

運用面での問題点は 
③東北経済圏の活性化に役立つ使用目的であればいいのに・・・
④何故 罹災の状況で恣意的に差をつけるのか(逆に 停電が罹災といえるのか?)、
⑤何故 発行に際し資格条件を各自治体毎に定めるのか 
などの点が気になります。皆さんの考え方は如何なものでしょう?

これらを私なりにまとめますと
①「ETC登録時の居住地」が資格基準に該当すれば「無料」となるように簡便な方策にできないのか?
 最悪、ETCを用意しない場合は「ナンバープレート」や「車検証」でいいんじゃないのか? 
②罹災証明に関係なく(被害の大きさに関係なく)、罹災県として宮城 福島 岩手を「無料扱い」に何故しないのか? 
③東北経済の中で暮らすサラリーマンも 直接被害に遭った方々も 同じ冷えた東北経済圏内で チマチマ暮らしているというのに
 何故 被災県の我々同士で 区別や差別を互いにつけなくちゃならないのか?

罹災した方や、困った人のために編み出す政策であれば こんな「差別策」にはならないと思います。
真の「経済特区」とはどういう姿かを概念的に示し 具体策を早急に立てて戴きたいものです。

今制度に関して疑問点を掲げて 問題提起とします。。
[PR]
by sendai-isme | 2011-06-23 21:53 | 東日本大震災

「PENTAX]カテゴリーの引っ越し

今月から 風景やSNAP写真は 別のエキサイトブログに移転します。

時間をみながら 過去の「PENTAX」記事も移転予定です。

Photo snap ・・・ * 

物語風snap ・・・ * 
f0081398_13125447.jpg

[PR]
by sendai-isme | 2011-06-19 19:31 | 2012 クロニクル

マツケンギャラリー 2011/06 国産車編

僕ら中高年世代にとって 一種の懐かしさがある「カモ井のリボンハイトリ」です。
魚の廃棄物から湧き出るハエ・・・、その対策に頭を痛める自治体にお勧めしたい
人体無害のハイトリリボン。 お問い合わせは もときち まで。
取扱い注意事項 
ゆっくりとリボンを引き出すこと(急に引き出すと切れる恐れがある)
紫外線のもとでの使用を避けること(効能が落ちるので)
f0081398_8111424.jpg
《業務連絡》

秋田県湯沢市 *ヤマモ味噌醤油醸造元 さま 

昨日、支援物資の「味噌と醤油 各30世帯分」自宅に届きました。

今週末 東松島避難所 継続支援先に配送に行って参ります。

ありがとうございました。

f0081398_19142316.jpg

f0081398_2143565.jpg
f0081398_2153236.jpg
f0081398_2162293.jpg
f0081398_2172331.jpg
f0081398_2174314.jpg
f0081398_21869.jpg
f0081398_2194932.jpg

f0081398_21215393.jpg

f0081398_19134496.jpg
f0081398_19161970.jpg

[PR]
by sendai-isme | 2011-06-16 21:14 | 2011 クロニクル

マツケンギャラリー  2011/06 輸入車編

今月から マツケンさんの画像を転載し マツケンギャラリーとして独立させます。
かわりに車以外の画像は別立てブログにまとめます。皆さんどうぞよろしく。

激しくトリミングされた画像の掲示はしませんでした、申し訳ない。
ブログで使用する画像は 縦横比3:4がベストなんです。

僕と彼との写真に対する考え方の違いですかね? 
プライバシーに抵触しないように・・・が その理由だとは思いますが??

それはそれとして 早速 海外車両と国産車両に分けて画像を並べてみましょう。
さてと・・・君は何台言い当てられたかな???マニア度チェックだ。。。

海外車両編
今回、静岡から震災見舞いついでに イッズミーに立寄ってくれました。
ロールスロイス 「レイス」リムジン 1939年型。
以前に掲載した*記事を参照してください 
f0081398_19364938.jpg
MG-B ツアラー
f0081398_1939246.jpg
ロータスヨーロッパ SrⅡ
f0081398_20222576.jpg
ロータスエランSrⅢ DHC
f0081398_1941664.jpg
フェラーリ モンディアル8
f0081398_19335970.jpg
ランチア デルタHF インテグラーレ エボリューションII
f0081398_22485757.jpg
アルファ スパイダー
f0081398_20284074.jpg
ムルティプラ
f0081398_19191266.jpg
75
f0081398_19215183.jpg
164
f0081398_19225024.jpg
ミト
f0081398_19253833.jpg
ルノー エクスプレス
f0081398_19353366.jpg
CX
f0081398_19242443.jpg
アルピーヌ ターボ
f0081398_2164326.jpg
BMW2002ターボ
f0081398_20213811.jpg
ポルシェ911S 71年式 還暦過ぎたら欲しい車ナンバー1(笑)
f0081398_20241126.jpg
カルマンギア
f0081398_20232580.jpg
f0081398_1934131.jpg

[PR]
by sendai-isme | 2011-06-15 19:57 | マツケンギャラリー

共助の精神

f0081398_20462414.jpg

<6月10日現在 東松島市の震災による被害状況>
 ●死者:     1,038人
 ●行方不明者:   149人

ライフライン被害
 ●電気:    22,574戸(復旧19,437戸)
 ●水道:     15,007戸(復旧13,848戸)

家屋被害
 ●全壊:    2,133戸(概数) 
 ●半壊・破損:  4,160戸(概数) 
 ●床下浸水:  2,659戸(概数)           

避難所・人数など
 ●市内47個所: 1,967人 

◆ イッズミー支援活動ご報告

①博多 焼津 札幌などから寄せられた「魚の開き」クール便は 昨日の朝にお届けしておきました。
お手配いただいた御三方には感謝申し上げます。

《業務連絡》
夏場にはいり 冷凍庫のキャパの関係で「土曜日午前中着荷」時間指定できますでしょうか。

一人あたり2食分 皆が魚を食べれるようにと 300食ほど。これは毎回 特に大好評です。
今回もアジ、ニシン、イカ、カマス、ワカサギ、カタクチイワシが問屋さんを通じて送られてきます。
貴重なタンパク源です。地味な活動ですが、、、魚の集荷ご協力ありがとうございます!

ここ東松島市でも炊き出し支援は沢山あるけれど 生鮮食品を届けるグループは極めて少ない。 
ましてや驚くなかれ、震災直後から「野菜と魚を届けている」グループは なんと僕らだけ!
電気がない 水が出ない 電気が通っても冷蔵庫がない そんな時に「調理できた」「美味しかった」
と感謝された。 雨に濡れたら庇を貸す 傘を差し出すのは当たり前なのに。。。それより栄養状態が心配!


②野菜ですが 今日もたくさん集荷されました。
トウモロコシ 新鮮なトマト 大根 玉ねぎ サヤエンドウ プチトマト ピーマン きゅうり 持ち寄り感謝!
果物・・・パイナップル メロン オレンジ グレープフルーツ、車に積みこめないほど。

「桃屋のラッキョー瓶詰」を20数個いただいた。カレーのラッキョー添えは旨味倍増するね!
玉ねぎ、人参はもちろん 各種野菜の入ったカレーは極めて普通の日常食だが、、、
野菜がなければ レトルト「のみ」カレーでおわる。 避難所ではこれが普通だ・・・。

 
皆がイッズミーブログのリクエスト品目を見て、想像力を発揮し各種野菜を持ち寄ってくれた・・・
嬉しいネ 正回転です サンキュー
f0081398_20593969.jpg

③Tシャツは前回298枚届けた。今日さらにサムネさんから大判Tシャツ25枚  ok@zくんからも5枚。 
117さんから段ボール2箱分の下着を受けとる。マツケンさんから作業着30枚受けとる どうもありがとう。
バンド「KUMAS」のクマさん 愛車ワゴニアで^ー^10枚も届けに来てくれた。
あっ そうだった、117さんが急に東京へ転勤決定となった! 短期だったけどありがとう また来てください!

f0081398_8341815.jpg

④カンパは・・・残念ながら 31,800円 (4月、5月と合わせ 163,690円です)
このカンパだけは何故か「逆回転」だった。前回ご指摘もあったがさらに目標を下回ってしまったね。
今日の人数なら 10万目標にしても良かったかも? それほどの参加人数だったから。。。 
集約方法が不明だったからかな? 志を戴くのに大袈裟な呼びかけはしなかったのだが、
次回はカンパ袋を回すことにするか、新規参加者の方 ひとつ宜しく。

⑤東松島市ボランティアセンターに 
アメリカの安全基準をクリアした「バルブ付き防塵マスク」を600枚 夕方に届けてきた。

次回の課題は・・・ ハエ対策だ 
倉敷に本社がある「カモ井加工紙㈱」の「ハエ取りリボン」に効果を期待しようと思う。
薬品を使わずに ハエを確実に捕獲する、、、原始的だけど確実に捕れる。
鴨井社長もこの事情に理解を示してくれ 協力・応援することを確約してくれた。
実に ありがたい。東松島ボランティアセンターに提案しようと思う。 
f0081398_2102858.jpg

[PR]
by sendai-isme | 2011-06-14 10:54 | 東日本大震災

よかったねえ 今日は。。。

f0081398_19184635.jpg
イッズミー参加 お疲れ様でした。
今日は第4列まで埋まりイッズミーの勢いが戻ってきました。

震災から3ヶ月、毎日の生活はさておき、
精神面でやっと意地をみせてくれましたね。

今日ほど イッズミーを継続してきて良かった、と
思えた日はありません みんなありがとう。

毎月第2週は 何がなくともイッズミー、これは合言葉です。
顔を出して 久しぶり!と挨拶、元気そうでなにより!と返す。

さて 今回一つだけ気になる点があります・・・

新規参加者にイッズミーの流れや参加スタイルを
教えてあげなきゃ ということ。

どんな経過があったか?何故こんなに集まるの?など
学ぶ「きっかけ」を与えてあげてください。

当ブログの どこかに書いてあります・・・
自分で探してね。

f0081398_2233567.jpg


画像提供はマツケンです。みちのくさんからもリクエストがありましたが「マツケンギャラリー」を設け国別に編集します。
f0081398_2303382.jpg

[PR]
by sendai-isme | 2011-06-12 19:24 | 2011 クロニクル

67回 仙台・泉ヶ岳ミーティング開催します

6月の物資集めは・・・
 
 ①トマト ナス キュウリ サヤインゲン キャベツ にんじん・・・野菜を集めます 
 ②イチゴ さくらんぼ オレンジ・・・果物なら 何でもOK!
 ③カンパを集めます よろしく!


◆ 各地でのボランティア活動に参加したい!
・・・という人に下記リンクを掲げます。これを参考にしながらボランティア活動に協力参加してください。
*東松島ボランティアセンターリンクです。ボランティアの参加要領が書いてあります。
ボランティアセンターの場所は? 服装は? 道具は? マスクは? 水は? 食事は?・・・
一日だけの活動でもOK。もちろんグループ参加は大歓迎です。

◆ 東京 松崎さま 中門水産さま
  毎度のさかな開き各種 ご支援いただき ありがとうございます。
◆ 福島 誉田さま 
  かます開き さかな干物 ご支援いただき ありがとうございます。
◆ 倉敷 カモ井加工紙㈱さま 
  するめいか一夜干し ニシン開きなど150食 ご支援いただき ありがとうございます。
◆ 岡山 サムネさま
  Tシャツ 大判25枚 ご支援いただき ありがとうございます。

クール便で到着した魚の干物類は 明日11日(土曜日)にお届けしてまいります。

◆ 以前お話ししましたが 今後の新しい支援方法について私からの提案です。

amazon japan の被災地向け「*支援物資リクエストシステム」です。

上記赤色のリンク先をクリックしますと「被災地団体リンク」がでてきます。
次に 任意の被災地 そして任意の団体リンクをクリックします。
被災地・被災団体からのリクエスト物資一覧がでてきますので 該当支援物資をクリックします。
amazonで購入したものが 必要な被災地・団体に必要数送られる仕組みになっております。
同時にリクエスト物資の残数が 新しいリクエスト残数に差し替わり表示されます。

このシステムを検討した理由は 下記の通りです。
東松島市は仮設住宅建設がほぼ終わります。今後は被災地の自立に向けた支援に移ります。
物資はニュースの通り余剰気味になり 今後は生鮮食料品などのこまめな生活支援期になります。
東松島市ではやっと一回目の義援金支給が始まりました、今後もスムーズに進むことを望みますが。
我々の野蒜地区支援「物資集め運動」も この夏8月で一区切りつけられそうです。

以上のような情勢になってまいりましたので9月からは、、、被災地から発信されるリクエストを
amazonの「支援物資リクエストシステム」にて調達・応援していこうと考えました。

皆さんの熱い支援カンパで 無駄なく被災地のリクエストに応える コレいいなぁ!と思っております。
今後も応援よろしく。物品をカンパ額面に合わせクリックするだけ 僕としてはラクチンだ(笑) 
また当システムに関してご意見があればお聞かせください、また従来通り「全額 義援金振り込み」だとしてもOKです。

蝿 蚊 虫などの駆除対策 お知恵をお貸しください
HCCS申込料金・・・会場にて申し込み料金の返済を行っています(残5名)
f0081398_7425479.jpg
第67回 仙台・泉ヶ岳ミーティング

 期日 6月12日 9:00~13:00
 場所 泉ヶ岳スキー場 大駐車場


震災後 3ヶ月が過ぎますが 廃材の山を見るたびに心に刺さるものがあります。
その中で、元気を取り戻せた方が 徐々に増えているはずなので・・・
お顔だけでも見せにきてください。あなたの笑顔が見れたらそれだけで充分です。
f0081398_7432783.jpg

イッズミーの位置
車も山もカメラも好きだけど けして フェチな方向には振らない。
人間味いう言葉を借りれば・・・それに通ずる備えと遊び方をするだけ。

イッズミーは濃すぎないから誰でも輪に入れるし、薄すぎないから愉しい。

もし 濃いほうに振ったとすれば・・・
規模は小さいままだっただろうし 仲間も減っただろうし、
もし 薄いほうに振ったとすれば・・・
それこそ改造車、暴走集団 何でもアリになってたと思えるし・・・。

その辺の匙加減は とても難しいものだ。

イッズミーは 若者から年配まで多層な人が参加している。
だからこそ 人生いろいろ 話題は車に限っているわけではないのだ。
今回の支援活動も イッズミーだからこそ為し得る話題の一つ。

イッズミーは 車を磨いて展示するだけの「イベント」ではない。
心を磨いて 仲間を大切にするオーナーたちのミーティングだ。
それが分かれば 誰でも参加OK。

君の潜在的な一面を 「横のつながり」で引き出してあげよう(笑)
「趣味の間口」を広くしたい君 イッズミーはそんな貴方を待っている。

f0081398_7243618.jpg
福島市土湯温泉 女沼(めぬま)の画像です 2009年8月に撮ったものです。 
昔は土湯温泉から歩きだし この女沼と隣の男沼とを一周する遠足に出かけたものです。
水芭蕉のころが最も人気ですかね。今は、車で行け ベンチも整備され 日帰り温泉つきで
気楽なハイキングコースになりました。カメラはPENTAX K-7 レンズは12-24㎜超広角。

朝の青空と 夕方の強雨と なんか不思議な天候ですね
梅雨のような天気が続けば例年通りなんですが・・・
これって 「亜熱帯」な感じです、四季族としては違和感ですね。



[PR]
by sendai-isme | 2011-06-05 07:13 | 2011 クロニクル